top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

『モンハン:ワールド』新要素をおさらい―シームレス、導蟲…注目ポイントは?【狩猟編】

iid|ゲーム

ハンティングアクションシリーズの最新作となるPS4ソフト『モンスターハンター:ワールド』。プレイヤーはハンターとなり巨大なモンスターとの激闘に挑み、緊張感溢れる狩猟を存分に楽しめる人気シリーズが1月26日に登場します。

本作では、「古龍渡り」の謎に迫る調査団の一員として新大陸に足を踏み入れることになりますが、設定面だけでなくゲーム性に関しても新たな要素が多数用意されています。

そこで今回は、本作で初お目見えとなった新要素の数々や、特に注目しておきたいポイントなどを一挙ご紹介。内容が多岐に渡るため、【狩り編】と後ほど公開予定の【拠点編】に分けてお送りします。プレイする前に予習としてチェックするもよし、プレイ中に振り返って確認するもよし。快適なハンターライフを楽しむための参考にしてみてください。

◆特に気になる新要素がこちら!

従来のシリーズとは大きく異なる『モンスターハンター:ワールド』ですが、その中でもより特徴的なものなどに迫ります。まずは、狩りの舞台となる「フィールド」ですが、エリア制を廃してシームレス化を実現。モンスターを追いかける間にロードが挟まることはなく、快適なハンティングが楽しめます。

また、モンスターに攻撃すると、与えたダメージが数値化されて表示。自分がどれくらいダメージを与えたのかが分かりやすくなったので、武器を新調した際や、弱点にヒットしたかどうかが判別できます。ただしモンスター自身の体力は表示されないので、あとどれくらい体力が残っているかは、「足を引きずる」や「巣に帰る」といった行動から判断する、従来の形となっています。なお、ダメージの数値表示は、「有り/無し」の選択が可能です。

本作ではアイテム使用に関する挙動にも変更があり、立ち止まらずに肉や回復薬などが使用可能。硬直を回避モーションでキャンセルすることもできるので、危険を感じたら回避に切り替えることもできます。採集ポイントでの採集も止まることなく行えるので、よりスムーズな探索が行えます。


これまでのシリーズと比べるとフィールドが広くなっていますが、プレイヤーの開拓が進むことで複数のキャンプが設置できるように。キャンプは、マップからファストトラベルが可能。様々な情報が集まった生態マップを開いてベースキャンプを指定することで、即座に移動する事ができます。またキャンプでは、これまで拠点でしか出来なった武器の変更や食事を摂るといった行動が可能です。状況に合わせてより対処しやすくなっているので、ぜひ活用しましょう。


広いフィールドを舞台としますが、大型モンスターが残した様々な痕跡を辿ることで、新要素「導蟲」(しるべむし)”が狩猟目標まで案内してくれます。立体的な地形も多い本作ですが、導蟲の案内があれば戸惑うことはないでしょう。やられてキャンプから復帰する場合も、導蟲が頼りになります。


また本作では、モンスター同士が遭遇し、激しい戦いに発展する場合もあります。大型モンスターが弱って足をひきずると、それまで逃げ回っていた小型モンスターが襲い出すといった展開になることも。このほかにも、フィールドにある植物や岩などの自然環境を利用して戦闘を有利に運ぶこともできます。

操作に慣れていない方にとっては、「自動納刀」の機能もお勧め。武器によってはこまめな納刀が鍵となる場合もあるので、一考してみてはいかがでしょうか。オプションの「CONTROLS」メニューから「ON/OFF」を設定することができます。

「卵運び」についても変更があり、卵を運んでいる時、転がっても卵を落とさないようになりました。ダッシュや段差移動、壁移動も可能です。ただし、運搬中の武器使用は引き続き不可で、スタミナ切れや高所からの落下、攻撃を受けてしまうと落としてしまうのも同様。この点を留意しておきましょう。

次のページでは「スリンガー」「防具の統一」などを紹介

◆スリンガーついて

調査団に所属するハンターの標準装備として、新要素「スリンガー」が登場。このスリンガーは左腕に装着したごく小さな弩のことで、石ころや投げナイフなどの発射、ロープや捕獲用ネットの利用など、狩りや移動といった様々な事態に対応。スリンガーを使って音を鳴らし、モンスターをおびき寄せることもできます。

また、フィールドの特定の場所で輝く「楔虫」を、スリンガーで利用することもできます。光っている楔虫を狙って撃つことで、ロープを発射して引っ掛け、移動する事が可能。優れたハンターならば、環境もしっかり利用したいところです。

◆防具の統一

武器種(剣士/ガンナー)にかかわらず、同じ防具を身に付けることができます。キャンプで武器や防具を変更できますが、武器だけ変えて防具はそのままといったことも可能。もちろん、武器にあわせて特化した防具に付け替えるのも有効なので、状況やプレイスタイルに合わせて楽しみましょう。

ちなみに、近接武器(剣士)を装備していると「物理ダメージを軽減するボーナス」が、遠距離武器(ガンナー)の装備中は、「属性ダメージを軽減するボーナス」が発生します。この違いも頭に入れつつ、様々な狩りに臨みましょう。

◆スキルシステム

本作ではスキルの仕様も変更され、装備スキルが付加されている防具を装備するだけで、ハンターの能力が強化されたり、特殊な能力が得られます。同じ装備スキルを持つ防具を装備することでスキルがレベルアップし、その効果がより高まる形に。一部の防具にはスキルがないものもあるので、ご注意ください。

そして一部の防具には「シリーズスキル」が付加されています。これは、規定の数、そのシリーズの防具を装備することで強力なスキルが発動するというもの。自分好みのスキルを組み合わせるか、強力なシリーズスキルを取るかで悩む場面もあるかもしれません。なお、防具の生産画面や装備BOXでは、スキルを指定しての検索や並び替えも行えます。

また、スキルを獲得することができる装備「護石」が本作にも登場。本作では、他の装備と同様に「護石」も、素材とお金を使って生産・強化することで入手可能です。なお、生産・強化する護石は、あらかじめ性能が決まっているとのこと。

◆特殊装具

こちらも新要素となる、狩りをより有利に運べる「特殊装具」が登場。それぞれ特出した効果を持ち合わせており、アイテムとして使用することで一時的にその効果が発揮されます。再使用には一定時間のクールダウンが必要なので、どのタイミングで使用するかが腕の見せ所となるでしょう。以下は、現時点で明らかとなっている特殊装具とその効果です。

・特殊装具「隠れ身の装衣」
一定時間、モンスターの視界から身を隠せる。攻撃を行うか、ダメージを受けると効果が終了する。

・特殊装具「不動の装衣」
ダメージのリアクションが無くなり風圧無効、聴覚保護、耐震の効果を得る。受けるダメージが減少する。

・特殊装具「挑発の装衣」
モンスターに狙われやすくなり、モンスターを望む場所に誘い出せる。攻撃を受けると効果が終了する。広い所や罠といった目的の場所に誘い出し、狩りを有利に進めよう。

・特殊装具「滑空の装衣」
ジャンプの滞空時間が長くなり、強風の吹く特定の場所では、風に乗って移動することもできる。また、ジャンプ攻撃でモンスターに乗りやすくなる効果を持つ。

・特殊装具「体力の装衣」
一定量のダメージを吸収する。吸収量の限界を超えると、効果が終了する。おおよそプレイヤーの体力ゲージ1本分の吸収量があるようだ。強力なモンスターを狩るためには、欠かせない特殊装具のひとつであろう。

オトモアイルーはモンスターと交渉!? クエストへの途中参加も可能に

◆オトモアイルーについて

『モンスターハンター:ワールド』にもオトモアイルーが登場し、プレイヤーを様々な形でサポートしてくれます。オトモアイルーも調査団の一員となり、ハンターと共に船に乗り込んで新大陸へとやって来たようです。

オトモアイルーは一部のモンスターの言葉を話せるため、狩りの手助けを交渉することが可能。交渉に成功すると、しばらくの間「オトモダチ」として行動してくれます。小型モンスター「ケストドン」にオトモアイルーが騎乗する姿なども確認されています。


またオトモアイルーは、新大陸の各地に生息している獣人族から受け継がれた「オトモ道具」を使用可能。そのひとつである「はげましの楽器」は、様々な音色を奏でることで、攻撃力向上や耐性付加などを行えます。熟練度の上昇に伴い音色が増えるので、しっかりと使いこなして欲しいところ。巨大な盾で身を守り、モンスターの注意をオトモ自身に向けてくれる「まもりの大盾」も、頼もしいオトモ道具です。

◆クエストへの途中参加

本作の大きなポイントのひとつとして、クエストへの途中参加が可能となりました。一人で倒すのは厳しいと感じた時に救難信号を発信して助けを求める…といいったプレイが可能です。

ちなみに、クエスト開始から一定時間を過ぎて途中参加した場合はクリア扱いにならず、クエスト設定報酬を得ることができないのでご注意ください。ただしその場合でも、モンスターから剥ぎ取った素材や採集したアイテムは取得可能。部位破壊報酬については、発生条件を満たすと取得可能となる模様です。

なお、救難信号を出してシングルプレイからマルチプレイに変わった際、クエストの難易度はシングルからマルチへと変更されます(2人~4人の間での難易度に差はなし)。また、マルチプレイ中に1人になってしまった場合、シングルプレイ用の難易度には変更されないので留意しておきましょう。

◆クエストを受注しない「探索」
クエストを受注せずに全域マップからフィールドに出発することで、「探索」が可能。この探索には制限時間がなく、何回力尽きても失敗になりません。そのため、フィールドを調査するのに最適です。

「探索」中は全域マップを利用して拠点へ戻れるほか、「フィールド」から「フィールド」へ即座に移動する事もできます。また探索中でも、キャンプにいる受付嬢からクエストをいつでも受けることができるので、フィールドの下調べをしてからクエストに挑む、といったプレイスタイルも可能です。

この「探索」をマルチプレイで行うこともでき、任意のクエストをクリアまたは失敗した後に、リーダーとクエストメンバーがそれぞれ「メンバーを維持してキャンプに戻る」を選択すると、メンバーを維持したまま探索を行うことができます。リーダーが探索から離脱するまで、マルチプレイの探索が継続される形に。

また、探索に出発してから救難信号を発信するといった手段もあります。参加側は、調査拠点のクエストカウンター/クエストボードから「救難信号クエストに参加」を選択し、クエスト種別「探索」もしくは「設定なし」で検索することで、探索から発信された救難信号を受けることができます。

◆フィールド

古代樹の森の主「火竜 リオレウス」、大蟻塚の荒地の主「角竜 ディアブロス」、陸珊瑚の台地の主「風漂竜 レイギエナ」がハンターの前に立ちはだかる。

■「瘴気の谷」
屍や骨が幾重にも積み重なった谷とそれらを利用する分解者の生態系が広がる。菌糸や酸の泉が形づくる幻想的な場所もあるようだ。中でも、有機物を食料とするバクテリア群“瘴気”は、この谷特有のものである。瘴気に侵されたモンスターは凶暴性を増す。

■「陸珊瑚の台地」
“陸珊瑚”が形成する高低差に富んだ台地。陸にも海にも似た、豊かで不可思議な生態系が広がる。産み出された陸珊瑚の卵は、湧昇風に乗って台地全体へと降り注ぎ、これを捕食する生物群の礎となっている。

■「大蟻塚の荒地」
沼地が入りまじる荒地。荒地の生物が植物や水場を求めて生き物が集まり、それを狙う大型モンスターも生息する。


【関連記事】
・『モンハン:ワールド』どの武器使う?─大剣、ランス、ヘビィ…全14種類の相棒が君を待つ!【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/24/112336.html

・「どの『モンハン』が一番好き?」携帯機編─PSP・3DSで大ヒット連発! 名作の数々をご紹介【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/22/112292.html

・「どの『モンハン』が一番好き?」据え置き機編─シリーズ幕開けの初代から『ダブルクロス』までの歩みを振り返る【アンケート】
URL:https://www.inside-games.jp/article/2018/01/21/112275.html

(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.

TOPICS

ランキング

ジャンル