top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ヤンキース・井川慶が将棋大使に?【2007年1月25日】

週刊ベースボールONLINE


2月には自主トレのため渡米。活躍が期待されたが……

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は1月25日だ。

 今回も小ネタである。
 以前、元ヤクルト・古田敦也の将棋好きの記事を載せたことがあったが、元阪神ほかの井川慶もなかなかのものだった。今回は井川が2006年に5年連続2ケタ勝利を挙げ(14勝)、ポスティングでのヤンキース移籍が決まった後の話だ。

 2007年1月25日、井川が日本将棋連盟(米長邦雄代表)から「将棋親善大使」に委嘱され、東京・千駄ヶ谷の将棋会館でその委嘱式が行われた。大使委嘱はアメリカでの将棋普及を期待されてのことで、井川には背番号と同じ29組の将棋盤・駒セットが贈られた。

 この日、初段免状も授与された井川は「これでコミュニケーションがとれたら最高です。ロッカーでみんなに配りたいです」と笑顔。同僚になる松井秀喜についても「ぜひお手合わせしたいですね。第一手もいまから考えます」とノリノリで話していた。

 これまでの日本人投手の成績を考えれば、井川がメジャーでそれなりの活躍ができる可能性は高いように思われたが、結局メジャー登板は2年間で16試合に終わった。果たして29組のセットは配り切れたのか(この連載は基本的に出来事が起こった時点の呼称、肩書きを使用)。

写真=榎本郁也

TOPICS

ランキング

ジャンル