top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

僕だってモテたい!! 濱田龍臣のダメキャラが母性本能をくすぐる「モブサイコ100」第1話レビュー

music.jp

僕だってモテたい!! 濱田龍臣のダメキャラが母性本能をくすぐる「モブサイコ100」第1話レビュー(C)music.jp ふだんはさえない男子中学生、でも感情が100%爆発すれば世界を滅ぼす可能性すらある超能力者に大変身。そんな男の子・モブの活躍を描く、濱田龍臣主演、テレビ東京系列、木ドラ25ドラマ「モブサイコ100」の第1話が、1月18日(木)に放送された。勉強もスポーツもダメ、取り柄と言えば除霊くらいのもの。そんなモブが自分を変えようと肉体改造部への入部を決める。

原作はONEによる漫画。2012年から裏サンデーで連載された。2016年にはアニメ化もされている。主人公は、周囲に溶け込むことのできない内気な男子中学生・モブ。自らが持つ超能力の使用に関しては、過去のつらい経験から消極的で、時給300円での除霊に使う程度。しかし、彼の周辺では超能力を悪用しようと企むテロ組織が蠢いており、彼もいやおうなしに巻き込まれてしまう。

あこがれのあの子は、振り向いてくれない

僕、影山茂夫(濱田龍臣)は何も取り柄がない。授業中にはいつも居眠りをして、先生に怒られてしまう。そんなありさまだから、勉強もひいき目に言ってもできるほうじゃない。運動神経も、たぶんどこかいかれている。走ればビリだし、体育館では飛んできたバレーボールをよけることもできず、鼻で受けてしまうほどだ。

そんなとき、僕の視線の先にはいつも1人の女性がいる。幼なじみのツボミちゃん(与田祐希)。あまり好意的には見られていないようだけど、たまには笑顔も見せてくれる。バレーボールが直撃して鼻血を出したときには思い切り笑ってくれた!! 僕は彼女の笑顔を見るのが好きだ。彼女の笑顔をもっと見たい。

でも、彼女の笑顔の先にはいつも、ある男がいる。成績優秀、スポーツ万能、さらにハンサムで、性格もいい。名を影山律(望月歩)という。困ったことに僕の弟だ。

霊とか相談所での除霊、300円なり

学校に居場所のない僕は、授業を終えると「霊とか相談所」に足を運ぶ。そこには僕が師匠と慕う霊幻新隆(波岡一喜)がいるのだ。「慕う」というのはちょっとばかりニュアンスが違うかもしれないかも。師匠は霊能力者を自称しているけど、除霊を頼まれたときにはスーパーで購入した塩を投げつけて、悪霊から「浄められてない」と指摘されてしまうくらいのヘナチョコだ。口の悪い連中は、師匠のことをインチキと言っている。でも、そんなことは僕にはどうでもいい。師匠は師匠なのだ。で、僕は師匠からいつも頼みごとをされる。ひとつはたこ焼きの買い出し。もうひとつは除霊。実は僕には物心ついたころから超能力が備わっている。霊にエネルギーを放射すれば、おかしな祈祷なんかしなくても確実に除霊できるのだ。「ご苦労さん」師匠からそう言って手渡される除霊の報酬は300円。ごっそり抜かれている気はするけども、金銭目的でやっているわけではないから、とくに不満もない。

僕の日常生活はそんな感じだ。このままではいけない、僕はもっとできる人間になりたい。そう願っている。だって、このままでは一生ツボミちゃんと疎遠なまま終わってしまう可能性が高いから。そんなのイヤだ。つまり心の叫びだけど、モテたいんだーーー!!

というわけで、僕は肉体改造部に入部することにした。

広告の後にも続きます

目指すべき地点はX-メン!?

レビュー第1話目は1人称にしてみた。自己を過大評価する大人を「中二病」などと揶揄することがあるが、主人公はまさにその学年。「自己中」真っただ中にいる年齢を思えば、1人称のほうが、原作の持つ雰囲気を表せると考えたためだ。

作品としての見どころは、こうした思春期の男の子のウジウジっぷりと、超能力を使っての派手なバトルシーンにある。後者に関しては特撮やVFXを駆使しているとのこと。ネットフリックスとの協業で深夜帯の番組にしては潤沢な製作費があるということだろう。第1話目でもその片鱗をうかがうことはできた。冒頭、超能力者がいる世界という描写では閃光が飛び交い、演者たちはワイヤーアクションでぶっ飛んでいた。これを見る限り、方向性としては「X-メン」だろう。ただし、さすがに予算的にハリウッド作品のように「盛る」こともできないだろうし、そこは工夫が必要なところ。制作陣の腕の見せ所だ。

次回第2話は、1月25日(木)深夜1時より放送

悩み深き少年は怪しげな宗教団体の勧誘になびいてしまう。
第2話は、テレビ東京系列で1月25日(木)深夜1時より放送。

濱田龍臣主演「モブサイコ100」公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/mobpsycho100/

⇒原作「モブサイコ100/ONE」作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/43408

  • 1
  • 2

TOPICS