top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

元中日・山本昌、人生の転機への不安を乗り越えるコツは「笑顔」にあった!新刊著書の刊行イベントも開催

music.jpニュース

元中日・山本昌、人生の転機への不安を乗り越えるコツは「笑顔」にあった!新刊著書の刊行イベントも開催(C)music.jpニュース いくつになっても、楽しんで、いいんだ。 野球界の“レジェンド”山本昌が、32年間のプロ野球人生で身につけた「笑顔の習慣」を、34のエピソードとともにつづります。
1月25日(木)より発売される新刊「笑顔の習慣34 〜仕事と趣味と僕と野球〜」発売記念として、1月29日(月)19:00から、星野書店近鉄パッセ店内にてサイン会を行います。書店にて書籍をお買い上げ頂き、当日引き換えになる整理券をお受け取りください。(星野書店イベントHP:http://bookshoshino.wp.xdomain.jp/event1/masa-event.html)【著者】 山本 昌84年に日大藤沢からドラフト5位で中日に入団。3度の最多勝。94年に沢村賞を受賞。06年には史上最年長でのノーヒットノーランを達成。数々の歴代最年長記録を塗り替え、08年には通算200勝を達成(42歳)。史上初となる50歳での登板を最後に、2015年に現役を引退。現在、セカンドキャリアでは野球解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師として活動。ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬など趣味分野でも活躍中。

定年・転職 etc…
人生の転機への不安を乗り越えるコツは山本昌の「笑顔」にあった!!
セカンドキャリアを“楽しむ”ための34のヒント


〜書籍紹介〜
山本昌、笑顔の生涯現役宣言——

 野球界の“レジェンド”山本昌が実践してきた「笑顔の習慣」を、34のエピソードとともに綴るセカンドキャリア・エッセイ集。
 32年のプロ野球人生で数々の記録を打ち立てながら、プロ顔負けの腕前を持つラジコンやクワガタ飼育に情熱を注ぐ「趣味の人」としても名をはせてきた山本昌さん。現役を退き50歳で“社会人デビュー”を果たした彼は今、野球解説者、コメンテーター、講演会講師などとして全国各地を駆け回る、多忙な毎日を過ごしています。
 「現役時代より忙しい」というセカンドキャリアの真っただ中にいる昌さんが、トレードマークの「笑顔」にますます磨きをかけているのはなぜでしょうか?それは、現役時代と変わらぬ“全力投球”で仕事に取り組みながら、大好きな野球、そして趣味と向き合う時間を大切にしているから。

人生はもっと楽しんでいい。
昌さんの「笑顔の習慣」には、人生を楽しくするヒントが詰まっています。


(著者略歴)
1984年に日本大学藤沢高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。32年に及ぶ現役生活で3度の最多勝に輝き、1994年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長でのノーヒットノーランを達成(41歳)。以降も数々の歴代最年長記録を塗り替え、2008年には通算200勝を達成(42歳)。史上初となる50歳での登板を最後に、2015年に現役を引退。セカンドキャリアでは、野球解説者・スポーツコメンテーター、講演会講師として精力的に活動。ラジコン、クワガタのブリーダー、競馬など趣味の分野でも活躍中。

<目次>
00「自分の言葉で」
01「笑顔」
02「解説」
03「講演会」
04「時間は限られている」
05「やるべきことを」
06「視野を変える」
07「ラジコンが教えてくれたこと」
08「楽しくてこそ」
09「ピンチはチャンス」
10「出会いを逃さない」
11「失敗は小さな成功」
12「いつか元は取れる」
13「環境を変える」
14「外国人選手たち」
15「趣味」
16「小さな努力を」
17「普通のことを普通に」
18「投げない」
19「データの捨て方、使い方」
20「投手と捕手」
21「谷繁リズム」
22「マイナス思考、大いに結構」
23「プレッシャー」
24「抑え」
25「持たざるを受け入れる」
26「カープの習慣」
27「畑を耕す」
28「いまどきの若者は」
29「ラジコン再開」
30「初体験をやってみる」
31「樹液の匂いがわかります」
32「応援される存在に」
33「集中力」
34「少年の心を」

【書籍情報】


署名:笑顔の習慣34 〜仕事と趣味と僕と野球〜
著者:山本昌
発売日:2018年1月25日
発売エリア:全国書店/ネット書店
ページ数:208ページ
定価:1,400円+税
発行:株式会社内外出版社

TOPICS

ランキング

ジャンル