top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

NHK紅白歌合戦「沢田研二」がトリを嫌がった理由

SmartFLASH

 

 年末のテレビといえば『NHK紅白歌合戦』と『日本レコード大賞』(TBS)。この2つの番組が、本当に輝いていた時代があった。1963年の『紅白』は、81.4%のテレビ史上最高視聴率。まさに、観ないと年を越せなかった。

 

 1978年、『紅白』の歴史を変える出来事が起こった。史上初めて、両軍のトリをポップス歌手が務めたのだ。紅組は『プレイバックPart2』の山口百恵。そして白組は『LOVE(抱きしめたい)』を歌った沢田研二(69)だった。

 

広告の後にも続きます

 当時マネージャーだった森本精人氏(現在・芸能事務所メリーゴーランド代表取締役)が振り返る。

 

「皆さん大トリを名誉に感じると思うんですけど、沢田は嫌がりましてね。というのも、大トリは歌っている後ろに、途中から出場歌手全員が出てきて勢揃いして応援するでしょう。

 

 沢田は『俺はアーティストとして、自分の歌を歌い切りたい。出演者全員が並ぶ前で歌うのは、茶化されるようでどうしても嫌だ』って言うんです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル