top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

TOKIO松岡昌宏が指南「売り込みするなら『好きだ』と話して回れ」

SmartFLASH

『写真:AFLO』

 

 1月17日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にて、TOKIO・松岡昌宏が、時代劇の仕事について語っていた。

 

 この回には、ジャニーズ事務所の後輩が出演。TOKIOのメンバーに対して、NGなしの質問をするという企画が行われ、Mr.KING
の平野紫耀が、松岡に質問していた。その内容は「時代劇の芝居をやりたいが、どうやって売り込めばよいか」について。

広告の後にも続きます

 

 松岡は「遠山の金さん」などを演じた経験があるが、時代劇に初めて出たのは「先輩のバーターです。おそらく、マッチ(近藤真彦)さん、東山(東山紀之)さん。15、6歳で」という。

 

「好きでしたからね、子供の頃から。あと、時代劇の話をいろんなところでしてたから。『時代劇好きだ』って話を、いろんなところでしたほうがいいんじゃないの?」

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル