top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竹原ピストル「アンダーグラウンドからのし上がるぞ」MOROHAに向けて投げかけられたメッセージ

SPICE

ステージを見つめる300人の観客を前に、額から汗を流しながら男は言った……。「アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ、アンダーグラウンドからのし上がるぞ」。それは他でもなく、MOROHAに向けて投げかけられたメッセージだった。1月13日、新代田FEVERでMOROHAの自主企画『怒濤』が行われた。相手は竹原ピストル。会場に到着すると、2組のライヴを観るために開場30分前にも関わらず、多くの人が押しかけていた。

最初に登場したのは竹原ピストル。頭に黒いタオルを巻いて現れた姿に、武士のような勇ましさを感じた。1曲目に演奏されたのは「LIVE IN 和歌山」。《「俺、精神病なんですよぉ~。」なんて平気で言ってくるお前》竹原が実際にお客さんから言われた言葉が曲のモチーフとなっている。《来年も再来年もその先もずっと和歌山に歌いにくるからよ。お前も来年も再来年もその先もずっと俺のライブを観に来いよ》そう言って、彼はサビで何度も《薬づけでも生きろ》と叫んだ。何度も何度も。ギターを弾きながら、足踏みをしてリズムを刻む。あまりに力強く踏んでいるため、客席のこちらまで振動が伝わってくる。《生きろ》その言葉が会場中に響き渡る……。続いて歌ったのは「Forever Young」。瞳を閉じながら野太い声で《Forever Young あの頃の君にあって Forever Young今の君にないものなんてないさ》と歌う姿に「あの頃は若かったから、なんでもできたけどさ」なんて言い訳をしている自分が恥ずかしくも力をもらえた気がした。


竹原ピストル



3曲目は去年のNHK紅白歌合戦でも歌った「よー、そこの若いの」。芸能人やらスポーツ選手が特別華々しく見えているだけで、スポットライトを浴びていないお前も含めてみんな必死で生きている。このままじゃいけないって、頭を抱えている自分のままで行けよ。そう歌う竹原の姿を20代前半ほどの男性が口をあんぐり開けて、ただただ呆然と見つめる。暗い客席からでも、瞳からうっすらと光るものが確認できた。

中盤に差し掛かり「次の曲は愛する存在へのお祈りの気持ちを込めて書いたポエムを……。世界的に愛されている曲で大変恐れ多いんですけど“Amazing Grace”のメロディにくっつけさせてもらって完成させた歌です。人生何が起こるか分かりませんが、お互いに元気でいましょうね、元気でいてくださいよ、って気持ちを込めて」。白いスポットライトに照らされながら歌った「Amazing Grace」は、賛美歌ではなくて命の美しさを讃える歌に感じた。できることなら、ミジンコになってあなたの体に入り込み、あなたを病気から救いたい。《たとえ刺し違えようとも たとえ刺し違えようとも あなたを蝕むがん細胞をぶっ殺してやりたい》その歌声に心を震わさずにいられなかった……。昔、僕が付き合っていた恋人は22歳の時、交通事故で命を落とした。一緒に野狐禅のライブを観た帰り道、彼女が「ピストルさんの声、好きだなぁ」と嬉しそうに話していた、あの夜のことが頭の中をよぎった。もしも生きていたら、この日のライヴを観ることができたのに。

広告の後にも続きます


竹原ピストル



間髪入れずに歌ったのは「カウント10」。大学時代、ボクサーとしてリングに上がっていた竹原は、今もステージという名のリングの上で戦っている。《ぼくはどんなに打ちのめされようとも、絶対にカウント10は数えない》何度だって立ち上がってきた竹原が歌う。《誰かが言ってた。人生に勝ち負けなんてないんだと。確かにそうなのかもしれない。しかし、人生との戦いにおける勝ち負け、ニアリーイコール、自分との戦いにおける勝ち負けはやっぱりあると思う。》、《ぼくは“人生に勝ち負けなんてないんだ”という人の人生に心を動かされたことは、一度たりとも、無い。》強く吐かれたこの歌詞にMOROHAの「勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ」を重ねた。いつだってファイティングポーズを示し続けてきた両者だからこそ、今日という日が訪れたのだと思った。


竹原ピストル



終盤に突入して「MOROHAに今日は誘ってくれてありがとう、結成10周年おめでとう、という気持ちと、これからもよろしくなって気持ちと、またどこかで出くわせますようにって気持ちを込めて。そして心から友情の気持ちを込めて」と二人への思いを話した後に歌ったのが、MOROHAのドキュメンタリー映画『其ノ灯、暮ラシ』にも収録されている「俺たちはまた旅に出た」。《俺たちはまた旅に出た このままこうしていたいって思ってしまった明け方に 俺たちはまた旅に出た》「とどまるな、進め」竹原がそう言っているように聴こえた。


竹原ピストル



「こっぱずかしい告白ですけど、韻の踏み方はMOROHAのアフロに習ったんですよね」最後はギターを弾くことなく、突然ラップを始めた。《アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ、アンダーグラウンドから狼煙が上がるぞ、のし上がるぞ。アンダーグラウンドからのし上がるぞ》と。「またお会いできるように精進します」と言って、計16曲、竹原ピストルのステージは鳴り止まない拍手に包まれながら幕を閉じた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル