top_line

【インタビュー】『ジオストーム(日本語吹き替え版)』上川隆也「今までのディザスター映画のいいとこ取りをしたような映画」山本耕史「ドキドキ感がたまらない」ブルゾンちえみ「サラのような女性に憧れます」

もっとエンタメ

 世界の気候が気象コントロール衛星によって完璧に制御されるようになった未来。だがもし、それが暴走したら…?『ジオストーム』(19日公開)は、最先端の映像技術を駆使して、異常気象が引き起こす世界の危機に立ち向かう人々の活躍を描いたディザスター映画だ。日本語吹き替え版には、衛星を開発した主人公ジェイク(ジェラルド・バトラー)に上川隆也、その弟マックス(ジム・スタージェス)に山本耕史、マックスの恋人でシークレットサービスのサラ(アビー・コーニッシュ)にブルゾンちえみ、という豪華キャストが顔をそろえた。ハリウッド大作の吹き替えに挑戦した3人が、映画の見どころや、吹き替えの裏話などを語ってくれた。

-皆さんそれぞれ、演じた役についてどのような印象をお持ちでしょうか。

上川 ネタバレになるので詳しくはいえませんが、最終的な局面でジェイクが大きな決断をする瞬間があるんです。その決断があっぱれで、潔い。極限の状態でその決断をするというのは、なかなかできないように思えるんですが、でも、彼はあえて選んでみせる。そこは男として憧れるし、理解できる感情だと思いました。

山本 こういうハリウッド映画の主人公たちは、夢みたいな職業に就いていますよね。マックスはシークレットサービスとも対等に渡り合う国務省の職員で、しかも若い。あの年で任せられるということは、相当頭のいい人物です。そういう設定がまずカッコいい。自分がそこに食らいついていくのは大変ですが、どんなキャラクターにも変身できるのが俳優や声優の醍醐味(だいごみ)。そういう人生を垣間見る時間でもあるので、やっている瞬間は自分がカッコ良くなった気分になれますし、光栄ですね。

ブルゾン 大統領のシークレットサービスという職業だけで、もう十分にカッコいい女性ですが、サラに好感が持てるのは、仕事だけのロボットみたいな人ではなく、ちゃんと恋愛もして人間らしさがあるところ。「今は仕事中だから」という一方で、家に帰れば彼氏に素の部分を見せている。男性からも女性からもカッコいいと思われる女性って、こんな感じなのかなと。



TOPICS

ランキング

ジャンル