top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

末期がんの母親を看病していた娘が見た白い影。亡き父の霊に違いないと確信(アメリカ)

カラパイア

母親を看病中に父親の霊を見たという娘
母親を看病中に父親の霊を見たという娘 image credit: youtube

 末期の肺がんを患っている母親を自宅に呼び寄せ、看病をしている娘がいた。自分の家族のお世話をしながら、母親を看病する日々は辛いこともある。

 心折れそうなとき、娘は、既に亡くなっている父親を思い描き、語り掛けることで安らぎを見出していたという。

 母の様態が悪化し、命が幾ばくも無いことを覚悟したその日、娘は不思議な体験をした。打ちひしがれ、いつものように亡き父に語り掛けていたところ、それは起きたのだ。

Dad’s Ghost Returns to Say Bye to Mum || Dogtooth Media

末期がんを宣告された母親


 アメリカのテキサス州に住む3児の母ノーマ・ヴィラさん(55歳)は、10年前に愛する父レアンドロさんを失い、去年9月には母親のテレサさんが末期の肺がんと診断され、余命半年あるかないかと宣告された。

 それからは、ノーマさんは母親を自宅へ呼んで一緒に暮らし看病を続けていたが、診断から2か月経つ頃にはテレサさんの容態はかなり悪化し、歩行も困難なほどになってしまった。

 余命いくばくもない母親の看病をしながら、自身の家族も支えなければならない。ノーマさんは心身の疲弊に襲われ、どうにも行き詰った時には、亡き父へ語りかけることで安らぎを見出していたという。

 そんな時、彼女は奇妙な体験をした。


自宅ポーチのスイングベンチに現れた白い影


 その日の夜、どうにも具合が悪く、死期を悟ったテレサさんがホスピスケア(終末ケア)について話し始めた時、堪えがたい悲しみに襲われた。

woman-1006100_640_e
Counselling/pixabay

 もうすぐ、母は逝ってしまう…大きな悲しみが母親の前で溢れ出しそうになる気持ちをグッと堪えたノーマさんは、気持ちを落ち着かせようと一旦話を止めて自室へと戻った。

 そして、いつものように亡き父へ語りかけていたところ、スマホに監視カメラから通知が届いた。動体感知機能により、何かがいることを検知したのだ。

 映像を確認してみると、自宅のポーチエリアにあるスイングベンチに、白っぽい影のようなものが映り込んでいるのが見えた。

cover_e10
image credit: youtube

 その時の様子を、ノーマさんはこのように語っている。

一瞬、猫か何かの動物が映り込んだのかと思いました。でもすぐに「もしかして亡き父では?」と思い、何度も繰り返し映像を見ました。

母にも見せたら、母は「きっとお迎えに来てくれたのよ」と言いました。その時、母の意識ははっきりとしていて、映像にある白い影を恐れている様子もありませんでした。

私は、母の言葉が何を意味するのかを尋ねられず、「そんなこと言わないで」とだけ言うのが精いっぱいでしたが、母は静かに微笑んでいました。

 その後、ノーマさんは映像を夫にも見せたそうだ。すると、夫は「これはきっとお父さんだよ。お父さんは、君が大変な時に励ましに来てくれたんだよ」と微笑んだという。

girl-1098612_640_e
422694/pixabay

「母と自分を見守ってくれている父が会いに来てくれた」


 ノーマさんによると、10年前に他界した父レアンドロさんは、生前スイングベンチに腰掛けて、外の景色を見ながら煙草を楽しんだり、ベンチに横になったりして寛ぐことが大好きだったそうだ。

スイングベンチは、父のお気に入りの場所でした。夫が言うように、きっと父が私を励ましに来てくれたのだろうと、今は強く信じています。

父だと思ってこの映像を見ると、安心した気持ちになります。父は、母と私を見守ってくれているのだなと思えました。

 苦しい闘病の末、テレサさんはその3か月後に息を引き取ったという。

 今は、亡き母も父と一緒に空の上から自分を見守ってくれているとノーラさんは話している。

Grieving daughter has revealed the eerie moment her ‘dad’s ghostly figure’ returned as her mom lay dying of lung cancer / written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル