top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

板谷由夏が初舞台に挑戦! 矢崎広・橋本淳と語る舞台『PHOTOGRAPH 51』の魅力

SPICE

ロザリンド・フランクリンという女性を知っているだろうか。20世紀最大の科学的発見とも言われる、DNAの二重らせん構造。その解明に多大な貢献を果たしながらも、男たちの悪意に満ちた思惑により、正当な評価を受けることのないまま37歳で病死。科学者にとって最大の栄誉であるノーベル賞を逃した悲劇の女性科学者だ。

男性社会の中で敢然と自分を貫き、化学に情熱を燃やし続けたロザリンド。その生涯を描いた舞台『PHOTOGRAPH 51』がロンドン ウェストエンドで上演されたのは2015年秋のこと。アカデミー賞受賞女優 ニコール・キッドマンを主演に迎え、絶賛の嵐を巻き起こした。

そんな話題作が、ついに日本初上陸する。注目のロザリンド役を演じるのは、本作が初舞台となる女優の板谷由夏だ。さらに、ロザリンドの助手 レイ・ゴスリング役に矢崎広、ロザリンドを慕う若手研究者 ドン・キャスパー役に橋本淳と共演陣も充実。ロザリンドと五人の男たちによる本格ストレートプレイの幕が開く。

そこで、今回は板谷×矢崎×橋本の鼎談が実現。ちょうどこの取材は、本作の演出を務めるブロードウェイの新鋭女性演出家 サラナ・ラパインもまじえた初の読み合わせが終わった直後。さて、三人からどんな話が飛び出すだろうか……?

本読みだけで、衣裳を着て舞台に立っている光景まで想像できた


板谷由夏



広告の後にも続きます

――まずは初めての読み合わせを終えての率直な感想からお聞かせください。

板谷:寝ていた台本が立ち上がりましたね。家でひとりで読んでいるときは孤高だった台本が、みんなで読むといきなり「よいしょっ」と起き上がって息をしだした感じがしました。悶々と考えていたことが、本当に芽吹きだした感じで。

橋本:ひとりで読んでいると、どうしても字面で追っちゃったりするので、わかりづらいところがあるんですけど、こうやってみなさんで読むと入ってくる感じがまったく違いますよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル