top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

片岡愛之助『半沢直樹』アップ対策で始めた“紀香流”美肌ケア

女性自身

片岡愛之助『半沢直樹』アップ対策で始めた“紀香流”美肌ケア

 

現場での“アドリブ王”は香川照之(54)だという。

 

「香川さんの大和田取締役は本来なら続編の原作には登場しないんです。香川さんは続投が非常に不安だったそうで、監督の粘り強い説得で再登板を決意したといいます。そのため、香川さんは撮影現場で『おしまいDEATH!』や『沈ボッツ』など、自在にアドリブを繰り広げることで、原作を超える臨場感を出すことに命をかけているそうです」(ドラマ関係者)

 

広告の後にも続きます

緊張感の高い現場の雰囲気が和むのは香川と、渡真利忍役の及川光博(50)のやりとりだという。

 

「実は2人は20年来の友人で、お互いのことを『ミッチー』、『テリー』と呼び合う仲なんです。前作では関わらなかったキャストやスタッフが、このやりとりを最初に聞いたときは驚いていましたね」(別のドラマ関係者)

 

「女性自身」2020年9月15日号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル