top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

釣りも雪山登山もカメラも「玉木宏」多趣味でありたい意外な理由

SmartFLASH

 

 出演者に「料理は好きですか?」と聞かれると、玉木は「一時期好きでやってましたが、追求しすぎたらダメだと思ってやめました。バイトをしていたときに、厨房で働くことが多かったので、だいたい一通り(の料理)はできる」と明かしていた。

 

 玉木はなぜこんなにも多趣味でアクティブなのか。2016年5月31日付けのWEBマガジン「OLIVER」にて、俳優業と関連させながらその理由を語っている。

 

広告の後にも続きます

 本来は「1人でいることが好きだった」というが、俳優という仕事をするにつれ、先輩たちから、俳優業はアウトプットが仕事であり、それには「人からもらえる刺激」や「いろんなことを経験すること」、つまりインプット作業がいかに重要であるかを学んだという。

 

「自分がそうであったように、後輩たちに自分の経験を伝えていきたいと思います。後輩からも背中を追われる存在でありたい。だからこれからも多趣味なイメージを持たれる人でありたいし、実際に多趣味でありたいと思います」

 

 玉木の多趣味には、俳優を続けるにあたっての大切なポリシーが隠されていたのだ。 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル