top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

笹川美和、最新アルバムのプレオーダー&「家族の風景」「紫陽花」先行配信開始!齊藤 工よりコメント到着!

UtaTen

発売に先駆けて、アルバムのリード曲でもある大橋トリオによる軽やかで切ないポップス「紫陽花」と映画『blank13』主題歌である「家族の風景」が1月10日(水)0:00より先行配信された。
また、同時に最新アルバム「新しい世界」の先行プレオーダー(予約注文)・全曲試聴がiTunesでスタートした。

iTunes▼
https://itunes.apple.com/jp/album/id1328816542?app=itunes&ls=1

ニューアルバムは、彼女がデビュー15年目にして初めて自身で作った曲以外を歌った作品に。
初期笹川作品のような、ポーティスヘッドを彷彿とさせるダークなアレンジが施された、安藤裕子による書き下ろし曲「melancholic」をはじめ、冨田恵一作曲、安藤裕子作詞による美しいバラード「琥珀色の涙」や、アルバムのリード曲でもある大橋トリオによる軽やかで切ないポップス「紫陽花」、孤高のシンガーソングライター浜田真理子作詞/作曲の荘厳なバラード「きぬぎぬ」、手島葵の「明日への手紙」の作者としても知られる池田綾子が作詞/作曲を手掛け、村上ゆきがピアノを演奏した「旅人」。さらに笹川本人の新曲「サンクチュアリ」も収録される。
そして、映画『blank13』の主題歌である「家族の風景」(ハナレグミのカバー)、「今宵の月のように」(エレファントカシマシのカバー)、「KYOTO」(JUDY AND MARY のカバー)と新たな息吹を注ぐカバー曲3曲も収録した全9曲。

映画『blank13』(主演:高橋一生)で長編初監督を務めた齊藤 工よりコメントが寄せられた。




———-

“笹川美和”を知る人生
“笹川美和”を知らぬ人生

私は笹川美和さんの音楽に導かれるように
一本の映画を作りました
彼女の歌声から共鳴し
己の内側に広がったプラトニックな世界を反射したかったのです

“笹川美和”を知る人生
“笹川美和”を知らぬ人生

深く深く心の底まで届く歌


齊藤 工

———-

その圧倒的な個性と歌唱が常に高く評価されている彼女の、アルバムタイトル通りの「新しい世界」が堪能でき、デビュー15周年を迎える2018年の幕開けに相応しい作品となっているに違いない。

笹川美和は、2018年5月13日(日)日本橋三井ホール、5月27日(日)心斎橋JANUSにて『笹川美和 Concert 2018 〜新しい世界〜』を開催する。
なお1月31日(水)発売の最新アルバム「新しい世界」初回封入特典として、チケット最速先行申込が決定した。
先行での先着申込期間は、1月31日(水)12:00から2月6日(火)23:59までとなっている。

TOPICS

ランキング

ジャンル