top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

後藤克芳 ニューヨークだより“ 一瞬一瞬をアートする”

OBIKAKE

後藤克芳(1936~2000)は、ニューヨークを舞台に、現代美術の新しい流れとなったポップアートに取り組み、活躍した作家です。主に木を用い、スーパーリアリズムの手法で、驚くべき完成度の高さをみる半立体作品を制作しました。自然豊かな山形県米沢市に生まれ育ち、武蔵野美術学校の西洋画科を卒業後、数年で渡米、永住権を獲得し、終生制作に励みました。ニューヨークで刺激に満ちた生活を送った後藤は「ニューヨークだより」を山形新聞などへ連載していました。その内容やポップでキッチュな作風とは裏腹に、非常に几帳面な仕上がりをみせる作品は、いつまでも見飽きることがありません。

 

今回、多くを所蔵する米沢市上杉博物館の全面協力により、後藤の没後、遺族によって郷里へもたらされた後藤の作品群を一堂に紹介します。

 

※会期中、展示替えあり
前期:10月3日(土)~25日(日)
後期:10月27日(火)~11月23日(月・祝)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル