top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ピクサー×JR九州、ラッピング新幹線・フォトスポットにトイストーリーなど人気キャラ登場

時遊zine

ウォルト・ディズニー・ジャパンとプロモーショナル・ライセンスを結んだJR九州は、2020年9月12日から『GO!WAKU WAKU ADVENTURE with PIXAR』プロジェクトをスタートする。

「トイ・ストーリー」や「カールじいさんの空飛ぶ家」「モンスターズインク」など、ピクサー(PIXAR)の仲間たちがデザインされたラッピング新幹線を走らせるほか、デジタルスタンプラリーなど様々な企画が行われます。

このプロジェクトは、昨年実施された「ミッキー新幹線」などのプロジェクトに続くもの。

世界初のフルCG長編アニメーション映画『トイ・ストーリー』の公開から2020年で25周年を迎えることから、今回はピクサーの仲間たちが列車を彩り九州への冒険旅へと誘う。

ピクサーオリジナルデザインの新幹線!車内もカラフルでかわいい!

プロジェクトのメインは、目にも鮮やかなラッピング新幹線「JR九州 WAKU WAKU ADVENTURE(ワクワクアドベンチャー)新幹線」。


画像左:キービジュアル/画像右:JR九州の主な駅に掲出されるキャラクタービジュアル

プロジェクトのキービジュアルとして九州各県をモチーフにカラフルに仕上げられたものが設定されていますが、外装・内装共に「各県」を模した形・色がちりばめられモザイク柄のようになっています。旅の始まりをワクワクさせてくれそうな、元気なカラーリング。

トイ・ストーリーをはじめ、モンスターズ・インク/ファインディング・ニモ などのキャラクターも、列車外装や車内ヘッドレストなどにも登場する。

使用される車両は九州新幹線800系(1編成、6両)で、博多~熊本~鹿児島中央 の区間を運行。期間は2020年9月12日~2021年5月上旬までの予定。運行スケジュールは、毎月20日以降に翌月のものが専用サイトにて告知されます。

県庁所在地駅にはフォトスポットも登場


フォトスポットイメージ

2020年8月27日頃より、JR九州の県庁所在地駅にピクサーの仲間たちのフォトスポットが登場。訪れる駅それぞれのキャラクターデザインが楽しめる。

また、博多駅には「トイ・ストーリー」のキャラクター “ウッディ” と “バズ” が、鹿児島中央駅には「モンスターズ・インク」の “サリー” と “マイク” の人形もお出迎えしてくれます。

博多駅 トイ・ストーリー

博多駅(福岡県)に装飾されるのは、ピクサー・アニメーション・スタジオの代表作「トイ・ストーリー」。

佐賀駅 カールじいさんの空飛ぶ家

佐賀駅(佐賀県)に装飾されるのは、沢山の風船で家を浮かせて旅する物語「カールじいさんの空飛ぶ家」。

長崎駅 ファインディング・ニモ

長崎駅(長崎県)では、オーストラリアのグレートバリアリーフで、ダイバーにさらわれてしまったカクレクマノミの “ニモ” を取り戻す父マーリンの旅を描いた「ファインディング・ニモ」が。

熊本駅 カーズ

熊本駅(熊本県)に装飾されるのは、実在する車を擬人化したキャラクターで大ヒットした「カーズ」。

大分駅 Mr.インクレディブル

大分駅(大分県)の装飾には、引退したスーパーヒーローと、驚異のスーパー・パワーをもった5人の家族が繰り広げる愛と冒険の物語「Mr.インクレディブル」

宮崎駅 ウォーリー

宮崎駅(宮崎県)には、人間が残したゴミを宇宙で700年もの間片付け続けるロボットの冒険を描いた「ウォーリー」が、

鹿児島中央駅 モンスターズ・インク

そして、鹿児島中央駅(鹿児島県)には、人間の子供の悲鳴をエネルギー源にしているモンスターの世界に、人間の女の子が紛れ込んでしまった「モンスターズインク」のキャラクターが装飾されます。

このほか、JR九州アプリを使用したデジタルスタンプラリーやオリジナルグッズの発売など、新幹線や駅を中心に様々な企画を用意。


※グッズイメージ

詳しくはJR九州の「GO!WAKU WAKU ADVENTURE with PIXAR」特設サイトにてご確認ください。

©Disney/Pixar

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル