top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

受賞多数も低評価…ゆりやんレトリィバァに足りないものは?

女性自身

テレビを基準にキャラを合わせると、ブレイクはあってももとから彼女を応援していた人が失望する可能性もあります。ゆりやんさんの“天然”とくくられる“ちょっと朴訥とした感じ”は、今後どうなっていくのか。テレビで売れたいと言っていますから、もう少し時間をかけて改良があるかもしれませんね。

■天然からのぞく“高学歴野心家臭”

彼女のキャラを例えると「天然ぽい」と答える人も多いですが、実はピアノも英語も堪能。芸人養成所時代から高い成績を出すなど、優秀で努力家な一面もたびたび注目されています。また過去にいじめを受けていたことを告白するなど、今の活躍が反骨精神から来ているようです。

それをふまえると、なんだか天然の芸風とは真逆な印象も受ける彼女。同世代の女性としては非常に尊敬するし友達になりたいタイプですが、女芸人として見たときにこのギャップはプラスに働くのでしょうか。

たとえば「実は英語ペラペラ~」は、英語コンプレックスがある視聴者にとっては心をざわつかせるだけの可能性もあります。「調子乗っちゃって~」が持ち前のギャグですが、本心から「調子に乗りたい」と思っている一面が垣間見えたときに視聴者は笑えるのか。

広告の後にも続きます

そして特徴的な“猫なで声”が天然感をいっそう高めるポイントにもなっている彼女。ただ野心がこれだけむき出しに見えている今、逆に見る側の警戒心を掻き立てる要素になっていないか。

1つ1つ考えると「天然」と「野心家」というミスマッチは、売れる過程で折り合いをつけないといけないように思うのです。

■売れたいならエゴサはやめとこう……

こうしてみると、すでにテレビで売れているお笑い芸人さんたちは苦労と改良を重ねた結果として今の地位を築いていることが本当によくわかります。

ちなみにこれらの話を、先日筆者は自分のツイッターで何の気なしにつぶやきました。本コラムより要約した書き込みだったのですが、書き込んだ数秒後にはご本人からフォローが。そして数分後、彼女から筆者はブロックされてしまいまったのです!

感じが悪い人がいたからブロックされたのは良いとして、なぜわざわざ1回フォローしたのか。疑問を持ちつつ調べてみると、どうも過去にも自分を悪く言った一般人を同じやり方でブロックしていたことが判明しました。

ブロックもフォローも自由ではあるものの、天然系のお笑い芸人がちょっとした批判をわざわざ探して「お前の書き込み、ちゃんと見てるで!」とアピールした後にブロックするのはどうなのか。驚きを通り越して、彼女の心の闇を見た気がして悲しくなってしまいました。

芸人さんに限らず、今の芸能界は売れるのも売れ続けるのも難しい時代です。そんな時代において努力とコンプレックスを武器に頑張るゆりやんレトリィバァさんには、ポンと偶然にも光があたりブレイクする人よりも成功してほしい。でも、だからこそあえて言いたい。とりあえず「落ち着いていきや~」と。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル