top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スペインにもタラコが! 驚きの食べ方【スペイン】

ワウネタ海外生活


日本ではご飯のお供として定番のタラコ。スペインでもタラコが食べられているのをご存知でしたか?タラコといっても塩漬けにされているものではなく、生や塩ゆでのものを調理して食べます。スーパーにはタラ、サバ、メルルーサ(タラに似た白身魚)などの魚卵が売られており、スペイン語では「ウエバス(huevas)」と呼ばれます。

食べ方はさまざまで、生のウエバスを丸ごと多めのオリーブオイルでソテーするのが一般的。あるいは衣をつけてフリットにします。味付けはシンプルに塩のみ。ぷちぷちとした食感が美味しい料理です。

もうひとつ定番の食べ方としてはサラダ。塩ゆでのウエバスをスライスにして、細かく切ったトマト、生の玉ねぎ、ピーマンなどと一緒にサラダにします。ドレッシングもシンプルに、塩コショウ、ビネガー、オリーブオイル。

他にも、生のウエバスの薄皮を取り除き、白身魚の身や鶏卵と一緒に炒めたり、小さいパンケーキの形にして焼いたりもします。

スペインや日本のように、魚介類をたくさん食べる国では、魚の卵もいろいろな食べ方がありますね。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル