top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

今1番年収が高そうなアナウンサーランキング

JOOKEY

あらゆる番組に引っ張りだこな人気アナウンサーは、相当稼いでいる事が想像できますよね。中でも、特に稼いでいそうなのはどのアナウンサーだと思いますか?今回は10〜40代の男女を対象にしたアンケート調査をもとに年収が高そうだと思われているアナウンサーたちをランキング化してみました。

 

■質問内容

年収が高そうなアナウンサーはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:羽鳥慎一 31.0%
2位:徳光和夫 24.0%
3位:宮根誠司 22.0%
4位:みのもんた 21.0%
4位:古舘伊知郎 21.0%
6位:池上彰 19.0%
7位:滝川クリステル 18.0%
8位:草野仁 17.0%
9位:小倉智昭 14.0%
10位:加藤綾子 13.0%

 

●羽鳥慎一

1位は、「羽鳥慎一モーニングショー」などで知られる羽鳥慎一アナウンサー。もともとは日本テレビのアナウンサーでしたが、2011年にフリーに転身しました。フリー転身後も、日テレ時代から担当していた番組を引き継ぎ、3本のレギュラーを抱える売れっ子ですね。推定年収は2億円は軽く超えていると言われています。

 

●徳光和夫

2位は、アナウンサー歴57年の大御所・徳光和夫アナウンサー。日本テレビアナウンサーを経てフリー転身し、一時期は急性心筋梗塞を患って入院しましたが、見事に現場復帰を果たしています。77歳となった現在もバラエティを中心に9本もの番組にレギュラー出演し、勢いは衰えませんね。推定年収は2億4000万円ほどと言われています。

 

●宮根誠司

3位は、「情報ライブ ミヤネ屋」の出演などで毎日のようにメディアで目にする宮根誠司アナウンサー。朝日放送アナウンサーを経てフリーアナウンサーとして活躍しており、現在は5本の番組のレギュラーを抱えていますね。推定年収は3億円ですが、実際にはもっと稼いでいるのではないかとも言われています。

 

■想像通り、推定年収もかなりのもの

稼いでいそうだという印象の通り、上位にランクインしたアナウンサーたちは推定年収もかなりのものでした。アナウンサーは、局に所属しているかフリーであるかによっても収入がだいぶ変わってくるようですね。

 

2018年9月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル