top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

及川光博、辛すぎるししとうで失恋の過去「30分以上口が利けず」

SmartFLASH

 

 及川光博が、8月22日放送の『人生最高レストラン』(TBS系)で、思い出の料理を語った。

 

 及川の「人生最悪の一皿」は、大学時代に意中の女性と行った、下北沢の焼き鳥店で食べたししとう。非常に辛く、30分以上も口が利けず「フェードアウトラブ。だんだん失恋していった」と苦い思い出となった。

 

広告の後にも続きます

 

 ほかにも、別の女性と観覧車に乗った際、高所恐怖症で震えてしまい失恋したこともあるという。

 

 また、「人生最高の一皿」は、ユニット「ミツキヨ」を組んでいた忌野清志郎とともに訪れた「ごきらく亭」のお好み焼き。及川は忌野から「なじんでどうする。ずっと浮いてなさい」とアドバイスを受け、この言葉に救われたという。忌野にかわいがられたことを「人生の誇り」と振り返った。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル