top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

高橋尚子マラソンを始めたキッカケは小出監督の「365日の囁き」

SmartFLASH

 

 シドニーオリンピック金メダリストの高橋尚子が、12月16日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した。

 

 高橋が陸上を始めたのは中学生から。もともと中距離の選手だった高橋は、「そんなに強い選手ではなかった。私はずっと800メートルを中心にしていたのですが、100メートルも、200メートルも400メートルも。リレーも全部やりました」と発言。

 

広告の後にも続きます

 司会の阿川佐和子が「一番いい成績は?」と質問すると、「中学生のときで、(岐阜の)県大会で1回だけ1番になったことがあります」と回答していた。

 

 阿川に「十分強いじゃないですか」と言われた高橋は、「ただ、全国に出て行くと(ダメで)。都道府県対抗女子駅伝という駅伝があって、各県で中学生から実業団までで選ばれた9人で襷をつなぐんです。高校2年のときに初めて出て、47人中、45番だったんですよ。後ろから3番目で。最初の1キロで10人抜いて、最後の3キロで20何人かに抜かれましたね」と明かす。

 

 高橋は「スタートは800メートルの選手だったので、『ポーン』と行けるんですけど、(区間は)4キロあって。後半はみんなに抜かれるだけ抜かれて。泣きました。もう大泣きして『岐阜県に帰れない~』って言ったのを覚えています」と振り返った。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル