top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「夫は床で就寝、お風呂は最後」急増する妻への感染防ぐには

女性自身

「夫は床で就寝、お風呂は最後」急増する妻への感染防ぐには

東京都では8月に入って2週間で40~50代の家庭内感染者がおよそ120人を記録。さらに東京都の担当者によると、家庭内感染した40~50代のうちの約7割が女性で、“夫からの感染”が増えているという。これを防ぐにはどうすればいいのか。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は言う。

 

「夫が帰宅したらすぐ衣服は洗濯したり、入浴するなどの基本的対策をしてください。バッグなどの持ち物は玄関に置き、部屋に持ち込まないこと。持ち手や外側部分を除菌することも大事です。

 

家族は気がつかないうちに感染してしまうので、帰宅者を迎える側はすぐに近づかないように。自宅では換気も1時間に1回、10分はしてください。今は暑いのでエアコンはつけっぱなしでの換気でいいです。換気扇もフルで回していいでしょう。扇風機も併用すればさらに換気効果は上がります」

広告の後にも続きます

 

実際に夫から感染した40歳主婦・A子さんは「ふだん、夫と同じ布団で寝ていた」ことが感染理由ではないかと分析。

 

「確かに寝るときは、できれば夫婦の寝室を別にしたほうが感染リスクは低いです」

 

と語るのは感染症専門医、のぞみクリニックの筋野恵介院長だ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル