top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

熱中症スタッフを嘲笑!「放送事故」で安藤優子が露呈した“認知力”の衰え

アサ芸Biz

 熱中症で意識朦朧、ダウン寸前の取材ディレクターに笑いながら「え〜かえしちゃうの」はないだろう…。信じられない言葉が安藤優子の口から飛び出たのは8月19日放送の「直撃LIVEグッディ!」。すでにネット上では猛バッシングが沸き起こっているが、改めて経緯を振り返ると、この日、猛暑に見舞われた京都を、女性ディレクターが生中継でリポート。

「こちら京都です。渡月橋というところにいます。かなり暑くてですね。頭がフラフラしてきますね」

 こう話すディレクターが持つ温度計にはなんと「気温40.1度」の表示が!続けて京都で聞いた暑さ対策について語るも、ちょっとロレツがまわっていない様子。それでも懸命に言葉を紡ごうとするものの…。

「みなさんいろんな対策をしています。え〜と…、日焼け止めですね。塗るっていう人ももちろんなんですけど。あとはですね、ペットボトルを凍らせて、そこにキュウリを凍らせて入れたりですとか。あとですね。なんだっけな…。すいません。暑すぎて頭がボケッとしているんですね」

 ん? 京都では凍らせたペットボトルにキュウリを入れる? もしかしたら、実際にやっている人はいるかもしれないが、ペットボトルにキュウリ? 刻んで入れるにしてもちょっとヘンじゃないか。視聴者の素人目線でも、ディレクターの言ってることはおかしいし、話しぶりからも体調がおかしいのは明らか。熱中症だとしたら、一刻も早く処置をしないと命に関わるのでは…。

 ディレクターも限界を悟ったのか、「ごめんなさい…(中継を)おかえししますね」とリポートを中断しようとしたのだが、安藤優子は笑いながら「え〜、かえしちゃうの?」とドSな返答。嘲笑しながら「もう1回おかえししていいですか〜」と“続行指令”する始末。ここでようやく高橋克実が「休憩したほうがいい」と助け船を出し、中継は打ち切りとなった。

 この地獄の中継模様を見たテレビウォッチャーは「完全に放送事故ですね」と“認定”したうえで、こう分析する。

「安藤さんはいちおう、スタッフの名を出して『心配ですね』と気遣っていましいたが、心配なのは安藤さん本人の“認知力”の衰えですよ。だって、スタッフの調子が悪いのは誰が見てもわかるし、『ペットボトルにキュウリ』っておかしいことに気づくでしょう? 本人が中継を止めようとしているのに続行させるなんて、仕事の鬼。もしくは異変を察知できないほど衰えてしまったということでしょう。以前の安藤さんだったらすぐに異変に気付いて何らかのフォローを入れていたはずですよ。フラフラになっていたディレクターは何もこの生中継だけでなく、午前からずっと京都中を駆けずりまわって取材していました。番組で使われたVTRを見たらわかるはずなんですけどね…」

 中継スタッフの安否が気になるところだが、「グッディ」は9月いっぱいでの打ち切りが各メディアによって報じられている。スタッフの安全を守るためにも、フジの判断は賢明だったかもしれない。

(あまねかずこ)

TOPICS

ジャンル