top_line

【急上昇】伊藤健太郎 関連記事まとめ読み

池田エライザが“エリート喰い”女子大生に! 過激ツイートで話題の「暇な女子大生」がドラマ化

music.jp

池田エライザが“エリート喰い”女子大生に! 過激ツイートで話題の「暇な女子大生」がドラマ化(C)music.jp 池田エライザが主演を務める年の瀬“変愛”ドラマの初夜「暇な女子大生」が、2017年12月27日(水)深夜0:30〜1:30にテレビ朝日系で放送されることが明らかになった。過激ツイートで話題のTwitterアカウントを原案に、池田が“エリート喰い”女子大生役に挑む。

●謎の肉食系女子の生態に迫る!

2016年11月、ネット界に彗星のごとく現れたTwitterアカウント「暇な女子大生」、略して“暇女(ヒマジョ)”は、様々な高学歴エリートとの情事を独自の視点と文体であられもなくツイートし、フォロワー数が約36万人を超えるなど話題に。下品と評されることも少なくないが、高学歴エリートとしか交わらないという一貫したポリシーとバイタリティー、セックスを“優勝”と表現するなどウィットに富んだ文章が人気を呼んでいる。

今作では、同アカウントをモチーフに、新たな切り口を加え、オリジナルストーリーでドラマ化。彼女はなぜエリートだけを欲するのか? 学歴やステータスで男性を判断するのはアリなのか? そもそも女性が男性を選び求めることは“悪”なのか? といった現代女性の恋愛実態を浮かび上がらせていく。

●池田エライザが高学歴エリートにしか興奮しないヒロインを熱演!

高学歴エリートとの“優勝”を求め続ける主人公・三田まゆを演じるのは、モデルとして活躍する一方、女優として数々の映画やドラマに出演し、過激なシーンにも果敢に挑戦してきた池田エライザ。そして、まゆに恋し彼女のツイートを止めようとする大学生・渋谷直樹役を、若手随一の“カメレオン俳優”といわれる柾木玲弥が、直樹の友人のスマートな東大生・本郷颯太役を秋元龍太朗がそれぞれ務める。そしてこの度、池田エライザ、高崎壮太プロデューサー、「暇な女子大生」本人のコメントも到着している。

●年の瀬“変愛”ドラマ第二夜は「ぼくは愛を証明しようと思う。」

なお、“恋愛工学”の提唱者・藤沢数希の同名人気小説を原作に滝藤賢一と堀井新太がW主演を務める、年の瀬変愛ドラマの第二夜「ぼくは愛を証明しようと思う。」は12月28日(木)深夜0:20〜1:20に放送されるので、気になる人はこちらのチェックもお忘れなく。各作品の詳細については、ドラマ公式サイトを参照されたい。

■池田エライザ(三田まゆ 役)コメント

——最初に企画を聞いたときの感想は?

「台本を読んで思ったのは、刺激的な言葉が多いなということ。でも、その言葉がすべてしっかり彼女の日常に溶け込んでいることを感じたので、演じるからにはそれらの言葉を自分の中でかみくだいて、私自身の日常だと錯覚するぐらいにしなければと思いました。
演じるにあたって、彼女がどういう状況でその言葉を選んだのか、そして『暇女』がブームに至るまでの経緯や理由をまず客観的に考えるところから始めようと思います。『暇女』さんはさまざまな視点で物事を考える方で、熱くもあり、冷静な方でもあるので、いろいろな角度で考えてみるのが、まずは私の取り組むべきこと。単なる大学生役を演じるのとは違うなと思っています」

——同じ女性として、まゆのことをどう思う?

「考え方はまったく理解できないのですが、気持ちのいい人だと思います。さっぱりしていて物事の判断基準が明確で、幸せになるのが上手な人、という印象。友達にいても全然、イヤじゃないですね」

——まゆは徹底してエリート男性を選びますが、ご自身の男性を選ぶポイントは?

「特にないです(笑)。そもそも恋愛体質ではないので、片思いという感覚もなく、まずは友情を大事にしたいと思っています。男女問わず、浅い関係のまま好きになることができないので、まずは仲良くなって相手のことを知ることが大前提ですね」

——“男ウケ”を計算したまゆのファッションについてはどう思う?

「…寒いです! 圧倒的に、布面積とデニールが足りないですね(笑)。『暇女』さんにも“寒いから重ね着したいけど我慢している”といったツイートがありましたが、たくましい忍耐力をお持ちだなと思いました。こういったファッションは雑誌の撮影で着てきたのですごく違和感があるわけではないのですが、生活はしづらいかな…。『暇女』さんは、本当にストイックだなと思います」

——視聴者にメッセージを!

「このドラマの感想は、人それぞれだと思います。“共感できないよね”と言いながら、実は心の中でドキドキしている人もいるかもしれないし…。でも、自分の幸せを選択し、人生を謳歌しているまゆの姿を通して、観た方を勇気づけることができたらいいな。そこから先は、それぞれの視点で感じていただければ…。男女共に楽しめるエンターテインメント作品になると思います!」

■高崎壮太(テレビ朝日プロデューサー)コメント

初めて「暇な女子大生」を知ったのは、twitterで回ってきたリツイートでした。巧みなユーモアと言い回しに病みつきになり、一気に過去のツイートを読み漁りました。その後、居酒屋で隣の男女たちが「今晩、この二人『優勝』かー!?」と盛り上がっているのを聞いて、「『優勝』!?暇女のフレーズだ!こんなに流行っているなら企画になるかも!?」と思いドラマ化の企画書を提出しました。

マッチングアプリで知り合った高学歴のエリート男性と、夜な夜なワンナイトラブを繰り返し、その感想を放送禁止用語まみれでtwitterでつぶやく。36万人を魅惑した超絶下ネタのTwitterアカウント「暇な女子大生」は、研究していけばいくほど奥が深く、そこには新時代の「性のカタチ」や「エリート論」など沢山のエッセンスが隠されていました。それこそがこのドラマのテーマです。

「高学歴」「エリート」に対して「カッコいい!興奮する!」と手放しでエールを送り、「女の子だってエロいんだよ!」とあっけらかんと自分の「性」を語る「暇な女子大生」。これってものすごくカッコいいことだと思います。

主演してくださるのは、池田エライザさん。「暇な女子大生」の持つ「ユーモア」と「キュートで愛されるキャラクター性」にはピッタリだと確信しています!「暇な女子大生」は、このSNS全盛の時代にしか生まれようのなかったある意味「奇跡」のドラマだと思っています。乞うご期待!

■「暇な女子大生」コメント

「暇な女子大生」ドラマ化決定、嬉しく思っています。
優勝する機会が増えた頃、備忘録として始めたツイッターです。
そんなアカウントがドラマ化されるとはびっくりです。
池田エライザさんがどのように暇女を演じてくれるのか、楽しみにしています。
(※一部過激な表現を割愛させて頂きました。)

■年の瀬変愛ドラマ『暇な女子大生』|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/bored_jd/

■ぼくは愛を証明しようと思う。|テレビ朝日

http://www.tv-asahi.co.jp/bokuai/

TOPICS

ランキング

ジャンル