top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

太川陽介と藤吉久美子にみる“ニセおしどり夫婦”の見分け方

女性自身

おしどり夫婦って、いったい内情はどうなっているのでしょう。ハタから見れば仲睦まじく見える2人。でも蓋をあければそれが対外的な顔であったり、男女関係は別問題と割り切っている夫婦も見かけます。

先日、“おしどり夫婦”で有名な俳優でタレントの太川陽介さん(58)と女優の藤吉久美子さん(56)夫婦に危機が訪れました。藤吉さんがかねてから仕事でお付き合いのあったプロデューサー男性と不倫関係にあるとして、週刊文春にスクープされたのです。

これを受けて2人はそれぞれ会見。太川さんは会見中も終始笑顔で「何をやってるんだバカモン!」「僕は妻を信じます」と亭主関白キャラで妻を擁護。騒動の収束を図った形になりました。

一般社会においても“おしどり夫婦”と呼ばれる夫婦の中には、冷え切った関係であることが少なくありません。また2つのポイントに注意しながら夫婦を見ていくと、実はいびつさをはらんだ関係が見えてくることもあるのです。

広告の後にも続きます


■それって本物?“ニセおしどり夫婦”に共通する2つの行動!

世間体や社会性を大切にする日本において、おしどり夫婦でいるメリットはまだまだ多いのが現実。そのため夫婦関係はすでに終わっているのに、対外的には良好な夫婦関係を意識的に見せるご夫婦はいらっしゃいます。

とくに最近はSNSを使い、仲睦まじい夫婦を演じている数はかなり多い。ですがネット上での“ニセモノ”を見分けるには、2つのポイントがあります。

1つは実際の行動との乖離です。本当に仲睦まじい夫婦であれば、当然パートナーのことは大切にしています。つまり忙しくても単身赴任でも、可能な限り家族に対する時間を取っているものです。

以前筆者が見た仮面おしどり夫婦の例でいえば、ある大手企業勤めの男性が思い出されます。彼は大きなイベントごとに妻を招待し、感謝の言葉をネットにたびたび投稿。ハタからも「妻想いの仲良し夫婦」として認識されていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル