top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

「24時間テレビ」の目玉!高橋尚子「募金ラン」でマラソン企画は永久消滅!?

アサ芸Biz

 今夏も8月22日から23日にかけて放送される毎年恒例のチャリティー番組「24時間テレビ43 愛は地球を救う」(日本テレビ系)にて、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子が「募金ラン」を実施することになった。8月16日放送の「行列のできる法律相談所」において発表されたもの。

 この募金ランはコロナ対策面で安全な私有地に設けられた1周5キロのコースを走り、周回するごとに10万円を寄付するというもの。安全面を考慮して深夜帯には走らないとのことだ。この募金ランに対して視聴者からは好意的な反応が続出しているという。

「新型コロナ禍の今年は“3密”を招く毎年恒例のチャリティーマラソンが不可能なのは明らか。一方で制作側としては番組全体を貫く“串”となる企画が欲しいはずで、その解決策が今回の募金ランとなったのでしょう。それゆえ《そんな面倒なことしないで、ただ寄付すればいいのに》と苦し紛れの企画に捉える向きもありますが、ランナーの頑張りが寄付に直結するという内容はチャリティーイベントの本質にふさわしく、視聴者からは《これでやっとまともなチャリティー番組になったな》との評価も寄せられています」(テレビ誌ライター)

 同様の「チャリティーラン」は日本を含めて世界中で広く行われているほか、プロスポーツ選手がホームラン数やゴール数に応じた寄付を行うチャリティーもその類型と言えるだろう。これまでの24時間テレビで恒例だったチャリティーマラソンについては“感動の押し付け”との批判が絶えず、制作側としてはそれらの批判をかわすこともできそうだ。

「ただ、今回の募金ランが評判を呼べば呼ぶほど、来年以降にチャリティーマラソンを復活させるのは難しくなりそう。今年は高橋尚子という世界でもトップ級の実績を誇るマラソンランナーが走るのに、次回はまた話題の芸人が走るというのでは、企画自体の意図が問われるのは明らかです。ただ番組側としては芸能人参加という方向性は維持したいでしょうし、来年以降は1周回ごとにランナーが交代する駅伝方式にスイッチしていくかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 今年の募金ランでは放送当日に、高橋以外の助っ人ランナー「チームQ」が発表される予定。そこで明かされる顔ぶれが、来年以降の開催に影響していくのかもしれない。

(北野大知)

TOPICS

ジャンル