top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

長澤まさみが15歳の女子高生から社会人までを演じきる「潔く柔く きよくやわく」(2013)

エンタメウィーク(映画)

長澤まさみが15歳の女子高生から社会人までを演じきる「潔く柔く きよくやわく」(2013)(C)エンタメウィーク(映画) 大切な人を失った悲しみを抱く若者たちの成長や恋を描いた、いくえみ綾の人気少女コミックを、長澤まさみと岡田将生の初共演で映画化した純愛ストーリー。高校1年生の花火大会の夜、カンナはクラスメイトから告白されるが、同じ頃、大切な幼なじみのハルタが、カンナの携帯にメッセージを残したまま交通事故に遭い、他界してしまう。

解説

大切な人を失った悲しみを抱く若者たちの成長や恋を描いた、いくえみ綾の人気少女コミックを、長澤まさみと岡田将生の初共演で映画化した純愛ストーリー。高校1年生の花火大会の夜、カンナはクラスメイトから告白されるが、同じ頃、大切な幼なじみのハルタが、カンナの携帯にメッセージを残したまま交通事故に遭い、他界してしまう。そのことが原因で恋ができなくなったまま社会人になったカンナは、出版社で働く青年・赤沢禄と知り合う。無遠慮で悩みなどないように見える禄が、自分と同じように心に大きな傷を持っていることを知ったカンナは、次第に禄にひかれていく。カンナ役の長澤まさみは、15歳の女子高生から社会人までを演じきる。監督は「僕の初恋をキミに捧ぐ」「パラダイス・キス」の新城毅彦。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画さん ★★★★☆

少女漫画界の大御所、いくえみ綾原作の実写映画化作品。漫画の方はラブアクチュアリーみたいに様々な登場人物の恋模様が交差していく群像劇。結構巻数もあって長いのですが、映画は中心人物のカンナと禄の物語にフォーカスしています。カンナは学生時代から自分が努力しなくてもそこにいるだけでモテるマドンナ的なキャラで、それを我らが長澤まさみが演じるのが良い。キャスティングに説得力があります。彼女は学生時代の想い人を事故でなくしてから、恋愛から遠のいてしまった。一方、同じような境遇で育ってきた禄と偶然出会い、二人で新しい恋に歩み寄っていくのです。この禄が少し生意気っていうか、意地悪な部分もあって、岡田将生君が本当役にぴったりなんですよね。長澤まさみがそれにムカつく感じも可愛い。そんな二人が、タクシーで手を重ね合うシーンは死ぬほど胸キュンしました…。そして部屋まで送ったけど、そのまま「おやすみ」って帰る禄。この距離感のもどかしさがたまらない!過去に人を亡くしたことで傷ついた二人だからこそ、遠回りする恋路が見ていて応援したくなる。人が再生する物語でもあり、なかなか奥深い作品なので漫画も気になった方は是非手にとってほしい!


「潔く柔く きよくやわく」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル