top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

横浜・村田修一、「優勝への思い」で巨人入り【2011年12月13日】

週刊ベースボールONLINE



入団会見での村田。左は原監督

 いまは昔、というべきか……。

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は12月13日だ。

 2012年12月13日は、現在、巨人を自由契約となり移籍先を模索中の村田修一が「巨人に入団した日」だ。

 03年横浜入団。1年目から中心選手となり、07、08年にはホームラン王にも輝いた村田だが、チームはどん底の低迷期で08年から11年までの4年連続を含む7度の最下位。本気で優勝を狙う姿勢を見せない球団にもいら立ちがあった。

 それでも10年にFA権を取得した際は、球団が売却騒動で揺れていたこともあり、残留を選択。主将となり、「全力疾走」を掲げて自らチーム改革に取り組んだ。全144試合に四番で出場。言葉で、背中で、けん引したが、やはり定位置の最下位から抜け出すことはできなかった。

「息子は僕が出かけるときに『今日も打ってね』より『今日も勝ってよ』と言うことのほうが多かったんです。そういう意味でも勝つことが一番大事だと思うようになりました」

 最愛の息子の言葉からも優勝への渇望を深まった。同時期にFAを取得し、移籍を選んだ内川聖一がソフトバンクで優勝、日本一を手にし、うれし涙を流した姿がまぶしく映ったこともあったかもしれない。

 今回はFA権を行使。このときも球団売却問題が再燃していたが、最終的にはDeNAへの譲渡が決定。新球団が村田との交渉の席で「5年後の優勝」を掲げたことも村田の移籍への思いを強めた。8日、巨人入団を決断。「来年から優勝争いをしたいという考えを捨てきれなかった」と胸のうちを明かした。

 13日は入団会見だ。同日、まず契約金を含む2年総額5億円(推定)で正式契約し、背番号も日大、横浜で慣れ親しんだ25に決まった。

「プロ入り前の気持ちを思い出して、これからの野球人生を歩みたいと強く思います」と晴れ晴れとした笑顔を見せた村田。同席した原辰徳監督が「素晴らしい決断をしてくれた。優勝を目指して頑張ろう」と声を掛けると、「3割、30本、100打点、原監督を胴上げできるように頑張ります」と力強く語った。

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル