top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ヘッドホンでライブやスタジアムの音場を体感!  JVCからワイヤレスヘッドシステム登場

もっとエンタメ

 音響機器などのJVCケンウッド(横浜市)は、ビクター・ブランドから、スピーカーで聴くような広がりのある音場を聴くことができるワイヤレスヘッドシステム「XP-EXT1」を発売した。ヘッドホン再生固有の特性を補正する独自のデジタル技術を採り入れている。オープン価格で、市場価格は11万円前後。

 EXOFIELDと呼ぶ独自の信号処理技術は、音楽が頭の中で展開、定位していたヘッドホン再生の音場を、個人の耳や顔などの音響特性を測定して、ユーザーに最適な信号処理を行い、スピーカーで聴くような立体音場が得られるというもの。XP-EXT1は、通常の2chスピーカー音源に加えて、7.1.4chのマルチチャンネル音源の再生に対応。Dolby AtmosやDTS:Xなどの最新のサラウンド音声も、マルチスピーカーで聴くようなリアルで広大な音場が楽しめる。2chや5.1ch音源の7.1.4chへのアップミックスも可能だ。

 最適化のための個人の特性はスマホの専用アプリで測定。また音量やイコライザ調整などもこのアプリからリモート操作できる。ワイヤレスはWi-Fiのデュアルバンド(2.4/5GHz)対応で、音切れにも強くなっている。BDレコーダー/4K衛星放送チューナーが接続できる4Kパススルー、eARC対応のHDMI端子を3系統装備。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル