top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

億り人に学ぶ「1億円の貯め方」常に“なりたい自分”を意識

SmartFLASH

「旧世代は『To Do』リストを作りたがる。事業を拡大しなければならない、と使命感を持って頑張るわけですが、若い世代は事業拡大は目的ではない。自分がなりたい姿・ありたい状態になるための手段として、事業拡大をするのです」

 

 1億円プレーヤーでなくても、働くうえで、その考え方は役に立つ。

 

「たとえば、リモートワークで上司など他人の目がなくなるなか、自分がどう働くか、何をするかが重要です。

広告の後にも続きます

 

『To Be』という意識を持っていれば、自分がどうあるべきかを考え、自発的に何か策を立てたり、そのための勉強もできるでしょう。そういう意識の差が、アフターコロナでも顕著になってくるだろうと思います」

●午堂登紀雄(49)不動産コンサルタント/資産5億円
1971年生まれ 中央大学卒業後、会計事務所、コンサル会社を経て、経営コンサルタントとして独立。2006年の『33歳で資産3億円をつくった私の方法』(三笠書房)はベストセラーに

 

(週刊FLASH 2020年8月18・25日号)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル