top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

8月後半(8/15~8/31)の恋愛運ランキング・1位のうお座は楽しい恋の季節

愛カツ

夏休みが取れても遊びに行くのははばかられるし、繁華街でのデートや大人数の合コンには引け目を感じてしまいます。

でも、じっと家に引きこもるしか選択肢がないわけではありません。

運気を味方にすれば恋を進める方法が見つかるはずです。

8月後半の恋愛運ランキングで、この夏をどう過ごすか考えてみましょう。

11位:しし座(7月23日~8月22日生まれ)

結論を出したいなら早めに動くといいかもしれません。

長すぎる片思いやあいまいな関係、未練はあっても終わらせるべき恋については、自分で決着をつけるべき。

相手任せにしても中途半端にズルズルするだけでしょう。

また、月末になるにつれて仕事が順調に回り出し、恋愛の優先度は低くなっていきそう。

ビジネス面が大事な局面を迎えるなら、あえて恋をお休みするのもアリ。

交際中の人は、朝晩のLINEを欠かさず送って彼氏の心が離れないように気をつけて。

10位:みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

22日まではパートナーシップ運が良い感じ。

好きな人がいるならできるだけ一緒に過ごしたいですし、交際中の人は彼氏との仲が深まりやすくなります。

忙しくても二人きりの時間を大切にしましょう。

フリーの人は待ちに徹すると何もなく8月が終わってしまうので、きっかけは自分で作ることを心がけて。

マッチングアプリやSNSでは「いいね」を積極的に送り、気になる人が見つかったら会話のネタを自分から送ってみてください。

9位:おひつじ座(3月21日~4月19日生まれ)

恋愛運に勢いがあるのは22日まで。

その後は仕事運が上がってくるので、恋の進展スピードは失速してしまいそうです。

勝負をかけるなら早めがいいですし、出会い探しものんびりしないほうがいいでしょう。

下旬に入ると、「恋愛は収穫がなくサッパリ…だけど仕事が面白い!」という状態になるかもしれません。

充実感はそれなりにあるので不満はないとしても、交際中の人は彼氏を放置すればスネてしまうはず。気をつけて。

8位:さそり座(10月24日~11月21日生まれ)

仕事が新しい局面を迎えるなど、恋愛以外のことに目が向きやすくなっても、20日ころから月末にかけては運気が上向きに。

思考の枠を広げて当たり前と思うことすら疑ってみると、意外なところでチャンスをつかむはず。

小さな内容でもきっかけさえあれば、今よりときめく状態を作り出せるでしょう。

ただ、予想以上に進展する場合、戸惑って喜びより不安が強くなるかもしれません。

そうなったら一人で抱え込まず、親しい友人に話してみると良さそうです。

モヤモヤは誰かと共有することで解消できるでしょう。

7位:てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

バタバタしやすい時期ですが、忙しいのは恋愛以外のことかもしれません。

仕事が面白くなって、自ら恋の優先順位を下げてしまう可能性もあります。

とはいえ、好きな人との関係は盛り上がりやすく、新しい出会いも貪欲になるほど開拓できる時期に入っています。

夏の間に恋人を作りたい人はバランス良く動くことを心がけて。

仕事も自分のことも恋愛も、まんべんなくこなすようにしましょう。

6位:いて座(11月22日~12月21日生まれ)

レベルアップが見込める時期です。

「私はこういうキャラだから」と自分を決めつけず、貪欲にワンランク上を目指しましょう。

メイクやファッション、立ち居振る舞いを見直して、コンプレックスの克服にも前向きに。

小さな変化も恋に影響するはずです。

恋愛運は悪くないものの、この時期は月末に向かうにつれて仕事運が好調です。

恋は後回しになりやすく、デートや大切な約束をドタキャンするときはフォローをしっかりと。

交際中の人はとくに、彼氏の優先順位が低くなるので雑に扱わないように。

5位:おとめ座(8月23日~9月22日生まれ)

きっかけがわかりづらかったり、自分からアクションを起こさなければいけなかったりしても、歯車がいったん回り出せばイージーモードに入るはず。

「主役は自分」と思って堂々と振る舞うことが大事です。

主体的に動けばチャンスがつかめるでしょう。

23日前後はこだわりすぎず、理性的に判断するといいかもしれません。

うまくいかないときは相手の気持ちに歩み寄ると良さそうです。

月末は自分らしさを大切に。

好きな人の色に染まろうとするより、自分が興味を持つことをアピールしたほうがもっと仲良くなれるはずです。

4位:やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

パートナーシップ運が好調です。

好きな人との関係を進めやすく、新しい出会いも増えるでしょう。

自分の行動範囲を「ここからここまで」と決めつけず、ゆるい感覚で動くことがカギになります。

それはオンラインでも同様に心がけて。

たとえば食わず嫌いをしていたSNSを始めたり、知らない人が参加するオンライン飲み会に顔を出したりと、普段はしない行動でチャンスを引き寄せられるはずです。

23日前後は慎重になっても、8月の終盤はスムーズな進展が期待できるでしょう。

外出や至近距離でのコミュニケーションはなかなか難しいですが、家の中でできることがあるはずです。

3位:かに座(6月22日~7月22日生まれ)

魅力が一段とアップしています。

男性からの注目度が増して、身近に接する人は「こんなに素敵だったなんて」と、あなたを見直すはず。

SNSやマッチングアプリに写真をアップすれば、たくさんの男性に興味を持ってもらえるでしょう。

この時期は意外な人物から誘われたり、急に告白されたりすることも珍しくありません。

また、好きな人がいるなら知的な会話が関係を深めるカギに。

色気で迫るより、友達感覚で仕事や趣味について語るともっと仲良くなれるでしょう。

2位:おうし座(4月20日~5月20日生まれ)

これまで停滞感があった人ほどテンションが上がりそうです。

早ければ、20日ころからジワジワと調子が上がってくるのを実感できるはず。

自分でも意外に思うくらい甘い言葉が出てきたり、LINEをタイミングよく返信できたりしてトントン拍子に進展が叶うでしょう。

思ったことは遠慮しないでどんどん伝えることが大事。

それが突破口になって一気に成就へたどり着くかもしれません。

また、心の奥でモヤモヤすることがあっても、あまり思いつめずに「大したことない」とバッサリ斬って。

ほとんどがとりこし苦労で終わるはずです。

…では、8月後半の恋愛運がもっとも良いのは何座?

1位と12位を見ていきます!

1位:うお座(2月19日~3月20日生まれ)

恋愛運が好調!

甘いムードが漂いやすくチャンスも多め。

23日以降はちょっとした会話から親密な関係が築けそうです。

好きな人がいるならたくさん話すことで距離が縮まり、フリーの人は友人や同僚を介して新しい出会いがあるでしょう。

恋愛以外の人間関係がザワつくところはあるものの、8月の終盤はスムーズに恋のクロージングができるはず。

たとえ友人が茶々を入れてきても、それすら恋を進展させるきっかけにできそうです。

12位:ふたご座(5月21日~6月21日生まれ)

大切なことを伝えたいとか、デートの約束を取り付けたいと考えるなら早めがいいでしょう。

19日前後は、自分から話しかけることが新しい展開のきっかけになるはず。

シリアスになりすぎずフランクに声をかけてみると良さそうです。

22日をすぎると恋愛以外のことが気になるかもしれません。

好きな人とデートしたい、恋活に専念したいと思っても、「それどころじゃない状態」になりがちに。

自分のことで手いっぱいになるなら、焦らず今やるべきことを大切にしましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル