top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【2017シーズン総括】ソフトバンク「リードし守り抜く堅実な戦いぶり、チーム一丸で日本一奪回」

週刊ベースボールONLINE

ソフトバンクの日本一で幕を閉じた2017シーズン。熱戦が続いたが、球団ごとに「投手力」「攻撃力」「守備力」に分けて振り返っていく。

投手力 PITCHING REVIEW



数々の記録を打ち立てたサファテは多くの表彰も受け、球史に名を残した

パ・リーグ1位
◎143試合 94勝49敗0分 勝率.657
◎ホーム52勝20敗0分、ビジター42勝29敗0分
◎交流戦12勝6敗0分 勝率.667 1位

 鉄壁のリリーフ陣がチームの中心だった。8回に、球団新記録となる72試合に登板し最優秀中継ぎ(46HP)に輝いた岩嵜翔。9回にはシーズン54セーブのプロ野球新記録を樹立した最強守護神・サファテ。この2人から逆算して試合を組み立てられたことで、6回終了時点でリードしていれば76勝3敗という盤石な勝ちパターンを築くことができた。

 森唯斗、嘉弥真新也、五十嵐亮太らもフル回転。途中加入のモイネロは連投もいとわない献身的な働きで、後半戦の中継ぎ陣をけん引した。

 リリーフ陣がここまでの踏ん張りを見せたのには理由がある。和田毅、武田翔太、千賀滉大と柱を担うはずの先発陣の相次ぐ離脱があったからだ。リリーフ陣のカバーを受けつつ、この緊急事態に力を発揮したのは東浜巨とバンデンハーク。特に東浜はチームの勝ち頭となり、最多勝(16)を獲得した。また、石川柊太と松本裕樹の若手2投手も穴を埋める活躍ぶりだった。

攻撃力 HITTING REVIEW



フルシーズンを戦い抜いた上林は、初の2ケタ13本塁打を放つなど大きく飛躍

 長打力、得点力アップを期待し、デスパイネを補強。五番にハマり本塁打を量産したデスパイネは本塁打王(35)に輝く活躍を見せ、チームの本塁打も164とリーグトップ。

 そのデスパイネとともに三番・柳田悠岐、四番・内川聖一で形成するクリーンアップは脅威だった。内川がけいつい捻挫、左手親指骨折で長期離脱、柳田もシーズン終了を前に右ワキ腹痛で離脱したが、内川不在時は四番を柳田が務め、三番に松田宣浩や中村晃を配置。柳田が離脱したあとは帰ってきた内川がチームを引っ張った。

 ポストシーズンでは復帰した柳田を一番で起用。先制点が重要視される短期決戦ならではの打順だったが、新しいオプションが増えたのは確かだ。

 また、二番には今宮健太が定着。犠打だけでなく安打でもチャンスメークし、自己最高の数字を残した。開幕一軍をつかんだ上林誠知もシーズンを完走。勝負強い打撃で成長を見せた。

守備力 FIELDING REVIEW



今季80試合で先発マスクをかぶり、正捕手獲りに期待がかかる甲斐

 今季の「先制して守り勝つ」チームスタイルが確立された背景には、リリーフ陣の安定感とともに守備力の高さもある。守備率では捕手・甲斐拓也が.999、三塁・松田が.967、遊撃・今宮が.988、外野手・上林が1.000でリーグトップ。上林は自慢の肩でリーグトップの10補殺もマークした。

 2015年から3年連続リーグ最少となった失策数も今季は38と、1991年の西武に並ぶプロ野球最少記録タイ。守備率は.993で同新記録となった。

 ここ数年の課題だった捕手陣の世代交代という部分では、甲斐が台頭。強肩と好リードが冴えゴールデン・グラブとベストナインにも輝き、いまや正捕手の筆頭候補だ。

【2017年の主な達成記録】
◎日米通算1500安打=川崎宗則、5月11日対オリックス(ヤフオクドーム)※NPB1350安打、MLB150安打

◎監督通算200勝=工藤公康監督、5月23日対ロッテ(ヤフオクドーム)、投手でも200勝以上、監督でも200勝以上はプロ野球6人目

◎通算100本塁打=柳田悠岐、6月23日対西武(ヤフオクドーム)、プロ野球283人目

◎通算200本塁打=松田宣浩、6月27日対日本ハム(ヤフオクドーム)、プロ野球101人目

◎通算250犠打=今宮健太、7月5日対オリックス(ヤフオクドーム)、プロ野球19人目※史上最年少(25歳11カ月)

◎NPB通算200セーブ=サファテ、7月5日対オリックス(ヤフオクドーム)、プロ野球6人目

◎ソフトバンク通算1000勝=8月15日対オリックス(ヤフオクドーム)、1817試合で752敗65分け

◎NPB通算1500奪三振=和田毅、8月27日対ロッテ(ヤフオクドーム)、プロ野球51人目

TOPICS

ランキング

ジャンル