宮川大輔が語る『人志松本のすべらない話』誕生秘話

宮川大輔が語る『人志松本のすべらない話』誕生秘話
   1991年、東京のレギュラー番組『吉本印天然素材』(日本テレビ系)への出演が決まり、順風満帆な芸人生活をスタートした宮川大輔(45)。    だが、もともと役者志望だった宮川は、28歳のとき、お […]

 

 1991年、東京のレギュラー番組『吉本印天然素材』(日本テレビ系)への出演が決まり、順風満帆な芸人生活をスタートした宮川大輔(45)。

 

 だが、もともと役者志望だった宮川は、28歳のとき、お笑いから離れることを決意。宮本亜門の舞台『BOYS TIME』、今井雅之演出の『THE WINDS OF GOD』に出演した。

 

「先のスケジュールが埋まっていくのでバイトは辞めたけど、『役者はこんなに食べていかれへんのか』と。またお金のない生活に戻ってしもた。役者といっても、まだ演技を教えてくださいっていうレベルやったし。

 

 野田秀樹さんの舞台『贋作・桜の森の満開の下』に出たときは、深津絵里さん、堤真一さん、古田新太さんとか、錚々たるメンバーで、エグい世界やなと。引き出しも多くて、役者としてよっぽどの武器がないとあかんと。自分の居場所がわからんようになってました」

 

「31歳のとき、今田(耕司)さんに、『松本(人志)さんと沖縄に行くから来いや』って誘われたんです。それまで松本さんとは接点がなくて、『天素』のメンバーをよく思っていないという話を聞いてたので、1日めはひと言もしゃべられへんかった。

 

 夜、スーパーに買い出しに行ってホテルに戻ったら、エレベーターで居合わせたおばちゃんが気分悪くならはって。部屋まで送ってたりしたら、戻るのに時間がかかってしまって。

 

『大輔、遅かったな』って言われて、怒られると思ったんで、ちゃんと言い訳しようと。おばちゃんが白目剝いて倒れそうになって、って必死になってしゃべったら、兄さん(松本人志)がめっちゃ笑ってくれたんです。

 

 それからご飯に誘ってもらえるようになって、『兄さん、聞いてください。僕、小学校のときにね』って話すようになった。『大輔、おもろいな。これが形になったらええな』って」

 

 本当にあった話を独特の話芸で語り合うトークバラエティ番組『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)は、こうして生まれた。

 

「『すべらない話』に出演が決まってから、自宅でずーっと練習してたんです。お風呂に入ってても『僕、小学校1年生のときにね……』って。嫁に聞かせるわけじゃなく、『この話おもろい?』って聞くわけでもなく。ただ、何度も練習してて。

 

 で、収録の日の朝、玄関を出ようとしたら、嫁が上半身裸にパンツ一枚で、『フレー! フレー! 大ちゃん!』ってやってくれて。それを見て緊張がほぐれて、『よし! やってやろう!』って思いましたね」

 

 宮川の『すべらない話』では、たびたび、家族のネタが披露される。

 

「昔、お父さんに『あの話をしてもええ?』って聞いたら、『そんなことに気を遣うな。お父さん、お母さんはどう思われてもええ。お前がおもろいと思っているものはどんどん言えばええ。それがお前のすべらない話やから』って。マジかと(笑)。よっしゃ、言っていこうと思った。だから、これからもヘンな話をしていきます」

 

みやがわだいすけ
45歳 1972年9月16日生まれ 京都府出身 1990年、NSC大阪校に入学(9期生)。映画『パッチギ!LOVE&PEACE』『賽ノ目坂』『さらば愛しの大統領』、ドラマ『シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~』『チーム・バチスタの栄光』『銭ゲバ』などに出演。映画『役者泥棒』公開中

 

(週刊FLASH 2017年11月28日号)

更新日:2017年12月11日
提供元:SmartFLASH

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

Ranking/人気の記事(芸能)

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME