top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ抜け毛対策に!「天皇の理髪師」語る伝統の頭皮ケア術

女性自身

コロナ抜け毛対策に!「天皇の理髪師」語る伝統の頭皮ケア術

「天皇陛下のご理髪を担当してまもなくのことです。シャンプーの方法についてお尋ねがあり、私が丁寧にお伝えすると、陛下はたいへん喜んでくださいました」

 

そう語るのは、1882年創業のサロン「ヘアドレッシングOHBA」の4代目の大場隆吉さん。

 

大場さんは’07年から約10年にわたって上皇陛下(当時は天皇)と天皇陛下(当時は皇太子)の御理髪掛を担当。東宮御所の改修工事が行われていた’08年ごろの1年間は、天皇陛下が大場さんのサロンに通われていたこともある。

広告の後にも続きます

 

「天皇陛下は当時、ご病気(十二指腸ポリープの手術)をされたこともあり頭皮が硬く、御髪がいつもよりも少し細くなっていました。肩や首のこりもおありで、日々のお務めへの責任感や忙しさが原因のように感じました。

 

そこで陛下に、少しでもお楽になればと頭皮ケアについてご提案したところ、了解くださり、私の『セルレーション』という“触れる施術”を受けていただきました。以後、ご用のあるごとに陛下のお時間の許す限りご所望いただき、終わるといつも『頭がスッキリして疲れがとれました』と笑顔で声をかけてくださいました」

 

現在も上皇陛下の弟・常陸宮さまの調髪を担当し、信頼をいただいているという。実は大場さんはヘアだけでなく、30年前から大場家の伝統である「触れ方」を進化させ、頭皮についての研究を続けている“抜け毛対策のスペシャリスト”でもあるのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル