top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

アーセナル、スペイン代表MFのレンタル延長打診もレアルが拒否。一方で売却には前向き?

フットボールチャンネル

アーセナル、スペイン代表MFのレンタル延長打診もレアルが拒否。一方で売却には前向き?

 アーセナルが23歳のスペイン代表MFダニ・セバージョスのレンタル延長を目指してオファーを提示したがレアル・マドリードに拒否されたようだ。12日にスペインメディア『オンダセロ』が報じている。

 2019年7月に1年間の期限付きでマドリーからアーセナルへ移籍したセバージョス。今季は公式戦37試合に出場し2得点2アシストを記録していた。レンタル延長に向けた交渉が続く中、期限付き移籍の期間が終了したことで、ひとまずマドリーへ復帰している。プレシーズンはマドリーで過ごす見込みだ。

 同メディアによると、アーセナルが再びセバージョスのレンタル延長を打診したという。しかし、セバージョスの給与を半分だけ負担するといったオファーの内容に納得しなかったマドリーが拒否したようだ。ただ、同メディアは「良い申し出があったらマドリーを離れることができる」と伝えており、適切な金額のオファーが届けばマドリーが売却に応じる可能性があり、レンタル延長ではなく完全移籍になるかもしれない。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル