top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

肉や魚はなぜ避けた方がいいの?覚えておきたいお墓参りのマナー

パパコミ

今の家族がいるのも、ご先祖様があってこそ。今でも彼岸や盆にお墓参りをする風習がありますが、今回はその基本的なマナーについてまとめました。

基本となる5つのお供え物

もともと、故人やご先祖様を偲ぶことと、今生きている自分の命に感謝することが目的と言われるお墓参りには、こうしなければいけないという厳密なルールはないそうです。また宗派や家の慣習によって様々なので、今回はあくまで一般的に抑えておいた方がいいマナーについてお伝えします。

仏教においては、五供(ごく・ごくう)と呼ばれる5つをお供えして合掌することが供養の基本。なのでお墓参りの際も、それにならうことが多いです。5つ全てをお供えするのが理想ではありますが、気持ちが込もっていればすべて揃っていなくても構いません。

■香
香りがするもののことで、一般的には「お線香」にあたります。香りによって、心や身体、場を清めると言われています。

■花
文字通り、お花のことです。お参りをする人に向けて飾り、心穏やかにする意味のほか、花自体に故人の魂が宿るとも言われています。

■灯燭(とうしょく)
これはロウソクのこと。煩悩を消し、故人の道を明るく照らす光の象徴であり慈悲を表すとも言われます。

■浄水
清らかな水をお供えすることで、お参りをする人の心や場が洗われることを意味しています。

■飲食(おんじき)
これも文字通り、食べたり飲んだりするもののことです。お墓参りの時には故人がすきだったものをお供えするのが一般的です。

一人で行ってはいけない??覚えておきたいちょっとしたマナー

お墓についたら、お供えをする前にまずは掃除をすることを忘れずに。屋外であれば普段、雨風にさらされているので、溜まった汚れを落とすことや草取りをしてください。

そしてお供え物の中でも特に「飲食(おんじき)」については、直接置くのではなく、半紙や懐紙を敷く方が好ましいとされます。ちなみにお菓子を直接置いた場合に、甘味料などで墓石が傷んでしまうケースもあるそうです。

そして、故人が好きだったものをお供えするのが基本ではあるのですが、避けた方が良いといわれるものもあります。それは、殺生を連想させる肉や魚と、にんにくやニラ、玉ねぎ、唐辛子といった匂いの強いものや辛いもの。これはいずれも仏教ではタブー視されているものだからです。

一方、花についても、派手なものやトゲがあるものはあまり良くないと言われます。しかし、たとえば故人がバラが好きだったということであれば、お供えしてもそれほど問題ではないということです。

最後に、地域によっては「お墓参りには一人で行ってはいけない」と言われていたところもあるそうです。これは、かつてお墓が人気のない山奥や足場の悪い場所にあることが多かったことから言われてきた迷信のようなものと考えられているようです。今は霊園など特に危険な場所ではないところにお墓があるケースの方が多いので、あまり気にしなくても良さそうです。

今年はいろいろな事情でなかなかお墓参りに行けない人も多いと思いますが、行くことが出来る場合は参考にしてみてください。

TOPICS

ランキング

ジャンル