top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初めてタテジマの「1」を着けた鉄人・鳥谷敬【2003年12月8日】

週刊ベースボールONLINE


後方は岡田監督。前列中央が鳥谷だ

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は12月8日だ。

 連続試合出場を続ける阪神の鉄人・鳥谷敬。今回は、その初々しき入団会見だ。

 2003年12月8日、大阪市内のホテルで阪神は新入団5選手の入団会見を行った。今回のドラフトの最大の目玉と言われ、自由獲得枠で早大の大先輩でもある岡田彰布監督が指揮する阪神入りした鳥谷は、初めて背番号1のユニフォーム姿を披露。

「プレッシャーもあると思いますが、それをしっかりやらないと、という思いに変えられたら」

 初々しい笑顔ではあったが、今と変わらず冷静にコメントした。また、同じ自由獲得枠の最速150キロの筒井和也(愛知学院大。写真前列左)は「ノーヒットノーランを一度もしたことがないので、チャンスがあればやってみたいです」と抱負を語った。

 同席した岡田監督は「2人もそうだけど、いまは高校生でもしっかりした体をしてるねえ」と頼もしげだった。

 同日、大阪市内のイベントに出席していたセカンドの今岡誠は「これだけ騒がれるんだから実力は間違いない。騒がれるのも仕方がない。それを乗り越えるのも能力。一緒に頑張りたい」と鳥谷にエールを送った。
 
写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル