喧嘩別れした彼との復縁方法5つ 早ければ早いほど有利になる!
喧嘩別れした彼との復縁方法5つ 早ければ早いほど有利になる!
【恋愛コラム/モデルプレス】喧嘩をしたまま彼氏と別れてしまった場合、後悔が日に日に大きくなってしまうことも珍しくありません。もし、喧嘩別れをした彼と復縁をしたいのなら、タイミングや方法に気を付ける必要があります。そこで今回は、喧嘩別れをした彼との復縁方法をいくつかご紹介します。しっかりと作戦を練りましょう。
【恋愛コラム/モデルプレス】喧嘩をしたまま彼氏と別れてしまった場合、後悔が日に日に大きくなってしまうことも珍しくありません。もし、喧嘩別れをした彼と復縁をしたいのなら、タイミングや方法に気を付ける必要があります。そこで今回は、喧嘩別れをした彼との復縁方法をいくつかご紹介します。しっかりと作戦を練りましょう。

喧嘩別れした彼との復縁方法5つ 早ければ早いほど有利になる!/photo by ぱくたそ
♥二週間から一ヶ月以内に連絡をする

喧嘩別れをした場合は次に連絡を取るまで時間を掛ければ掛ける程、気まずくなってしまい話しづらくなってしまいます。

時間が経つと謝りたくてもなかなか言い出せないという場合もあるで、出来れば早めの連絡を心掛けると良いでしょう。

ただし、連絡が早すぎるとまだ冷静になれていないので、だいたい二週間から一ヶ月を目安に連絡してみてください。

お互いに冷静になって反省もしている頃なので、素直に喧嘩別れについて話し合えたり仲直り出来たりする可能性があるのです。

♥連絡しない間に何が悪いか反省する

最終的には喧嘩別れから仲直りをしたいのなら、まずは連絡をする前に自分の何が悪かったのかを考えてみましょう。

たとえ男性側が悪い部分が多い喧嘩だったとしても、あなたの反省すべき点もゼロではないはずです。

そこをよく考えてどうすれば改善出来るのか、彼に納得してもらえるのかをしっかりと考えた上で連絡をするようにしてください。

何も考えずに連絡してしまうと喧嘩別れがさらにこじれて、復縁どころか仲直りすら出来なくなってしまうこともあるでしょう。

まずはきちんと自分の非を反省することが大切(photo-by-sergiophoto/Fotolia)
♥まずは喧嘩別れになったことを謝る

喧嘩別れということは少なくとも彼に不快な思いや辛い思いをさせてしまっているため、まずはそれを謝ることからスタートしてください。

キツイ言葉をぶつけてしまった、過去の傷をえぐるような事を言ってしまったなど、喧嘩中につい彼を傷つけてしまうことは珍しくありません。

それが彼にとって許せないことだったから喧嘩別れになってしまうので、そこを反省することはとても大切です

もちろんあなたにも納得できないことはあるはずですから、謝った後冷静にそれを伝えてお互いに反省しましょう。

♥喧嘩別れではなくきちんと話したいと提案する

喧嘩別れをするとある程度お互いに警戒してしまい、話し合いの機会すら持たないようにしてしまうことも珍しくありません。

しかしそのままでは気まずい状態のままで進展しないので、復縁する事も仲直りする事も難しくなってしまうのです。

まずは勇気を出して「喧嘩別れのままでは嫌なのできちんと話したい」と、あなたから彼に伝えてみましょう。

男性はプライドが邪魔してそういう提案をしたくてもできない可能性があるのでキッカケ作りをすることは大切なのです。

♥友達として仲良くなる

喧嘩別れ後に話し合いなどをして仲直りは出来たけれど、復縁には至らなかったという場合はまず友達として仲良くなる努力をしてみてください。

元カノということは他の女性より彼の事を理解しているはずですから、よき相談相手、よき理解者になりやすいのです。

そういう面で信頼を勝ち取っていくことで、彼からの評価が再び上がり改めて付き合いたいと思わせる事が出来るはず。

なくてはならない存在だと思わせる事で、再度付き合った時にもお互い思いやりを持って接する事が出来て良い関係を築ける可能性も高くなるでしょう。

上手に仲直り出来れば復縁も出来るかも(photo-by-baranq/Fotolia)

いかがでしたか?

喧嘩別れを放置して問題に向き合う事を拒否してしまうと、二度と彼とは恋人としての道を歩めなくなってしまいます。

復縁したいとか喧嘩別れは嫌だと思っているのなら、まずはあなたから行動を起こす事が大切なのです。

意地を張っていてはいつまでも関係は変わらないので、素直になって自分とも彼とも向き合い解決する努力をしましょう。(modelpress編集部)

エンタメニュースをもっと読む
(更新日:2017年12月6日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME