top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

ペルセウス座流星群、2020はお盆前 8月12日に極大・見ごろ

時遊zine

夏休みに観察できる流れ星、ペルセウス座流星群が2020年は8月12日頃に極大(ピーク)を迎えると国立天文台が発表しました。


画像はイメージ

ペルセウス座流星群は、1月の「しぶんぎ座流星群」/ 12月の「ふたご座流星群」 と並び、三大流星群の一つに数えられるもの。明るい流れ星の割合が多いため、天体観測初心者にも見やすく注目度も高い。

毎年8月13日前後にピークを迎えるペルセウス座流星群ですが、2020年の極大は「8月12日22時頃」の見込み。21時頃から明け方にかけて見ごろとなっています。

月明りは、星空・流星群観察の妨げとなりますが、この日はそれほど月が明るくなく「まずまずの数の流星」が見られそうとのこと。ちなみに、天文サイトAstroArtsは、1時間あたり30個前後は見ることが出来るだろうと予想しています。

方角は気にすることなく、空を広く見渡して。

極大は12日ですが、その前後「11日夜~13日夜」までの間は、普段よりも目立って多くの流れ星が見られるとのこと。

空が暗く、安全な場所でレジャーシートを敷くなどしてゆっくりと空を広く見渡せば、流れ星を見られる確率もUP。夏休み・お盆休みの時期だからこそ、ゆっくりと空を見上げて星空観察を楽しんで。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル