2017年、秋葉原に続々誕生!泊まってみたい個性派カプセルホテル&ホステル3選【東京】
2017年、秋葉原に続々誕生!泊まってみたい個性派カプセルホテル&ホステル3選【東京】
今年、秋葉原に個性的なカプセルホテル、ホステルが続々と登場。カプセルホテルやホステルのリーズナブルさは残しつつ、従来のイメージをくつがえすようなキレイさや快適さにびっくり!さらには女性専用、都会のグランピング、コスプレが楽しめる、など宿自体がエンターテインメントな施設ばかり。一度は泊まってみたい、個性派な宿泊施設をご紹介します。


今年、秋葉原に個性的なカプセルホテル、ホステルが続々と登場。カプセルホテルやホステルのリーズナブルさは残しつつ、従来のイメージをくつがえすようなキレイさや快適さにびっくり!さらには女性専用、都会のグランピング、コスプレが楽しめる、など宿自体がエンターテインメントな施設ばかり。一度は泊まってみたい、個性派な宿泊施設をご紹介します。

秋葉原BAY HOTEL(あきはばらベイホテル)


ホテルチェーンの「BAY HOTEL」グループから、女性専用カプセルホテルが誕生。
白やピンク、パステルカラーを基調とした女性らしい内外装、窮屈さを感じさせないゆったりとしたユニット(宿泊スペース)、清潔な館内…。

オープンしたてで新しくキレイということもありますが、「女性専用」のカプセルホテルは女性目線のこだわりが各所に感じられます。


館内では、靴を脱いでスリッパに履き替えて過ごせます。
フロントでチェックイン後、部屋番号のリストバンドを受け取り、自動精算機で精算。


テレビ付き、テレビなしがあり

各ユニットは、横幅1m×高さ1m×奥行2mという広さ。
無線LAN(Wi-Fi)、USB付コンセント、目覚まし機能付時計などを完備。


各フロアの入口はリストバンドキーで施錠管理されていますが、各ユニットに鍵はかからないので、貴重品などは各フロア備え付けのロッカーなどでしっかり管理しましょう。
ユニット内での飲食は禁止なので要注意。



シャワーブースは10室。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープはもちろん、洗面台ブースには基礎化粧品などのコスメ類やヘアアイロンなどもあるので、旅行の荷物を減らせるのもありがたいですね。



地下1階にはラウンジも。
電子レンジやポットがあり食事もできますし、W-Fi完備、テーブル沿いの壁にはUSB付コンセントもあるので、お仕事などでノートパソコンを利用することもできます。

そもそも、なぜ女性専用のカプセルホテルをオープンしたのか運営会社に聞いてみたところ、「弊社のカプセルホテルで5施設目が秋葉原だったのですが、先に開業したホテルで女性の需要が強いことが分かりましたので、秋葉原では女性専用で開業しました。」とのこと。


館内着やタオル類は宿泊料金に含む

平日はビジネス(出張など)、週末はイベントやライブ(特に東京ドーム)に行く人の利用が多いそう。また、秋葉原という場所がら、外国人観光客の利用も多いのだとか。

気になる価格はスタンダードプランで1泊3800~6900円。
お得な早割1泊3100~6700円、好きなアメニティが選べるアメニティバイキングプラン1泊3900~7100円も人気です。


秋葉原BAY HOTEL
TEL/03-5256-0015
住所/東京都千代田区神田練塀町44-4
アクセス/電車:JR秋葉原駅中央改札口より徒歩4分

GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~(グランジット アキハバラ~コンフォートカプセルホテル)


コンセプトは「洗練」×「快適性」。
スタイリッシュな中にも自然をモチーフにした安らぎある空間と最先端の設備を有したカプセルホテルが誕生しました。


空間デザインは国内外で活躍するデザイナー森田恭通氏が代表を務める「GLAMOROUS co.,ltd.」が担当

中に入るとまず、大きな木や緑のモチーフがお出迎え。フロントは24時間スタッフが常駐し対応。


各フロアは、ベッドフロア、大浴場やラウンジなどの共有スペース含め男女別。
ICドアでセキュリティが管理されています。


カプセルベッドにもこだわりが。
「GLANSIT×東京西川 共同開発オリジナルマットレス」を使用。睡眠工学に基づくオリジナルウレタンマットレスが快適な眠りをサポートします。
もちろん全館フリーWi-Fi、各ベッドはテレビ付きです。


昼の12時~翌朝10時まで利用できる男女別フロアの大浴場もうれしい設備です。
国内ブランドのシャンプー類、シェービング、ボディータオルのほか、女性には「DHCオリーブゴールドシリーズ」の化粧水・乳液・シャンプー類、ドライヤー、ヘアアイロンまで完備。



フリーラウンジも豪華です。
種類豊富なフリードリンクのほか、新聞、書籍も充実。もちろん、お仕事にも使えるカウンタースペースもあります。

実は、こちらのホテルを手がけたのは、個性的な飲食店を多く展開するDDホールディングス
のグループ会社である株式会社バグース。
今回、カプセルホテル事業に新規参入しました。

ホテル名の「GLANSIT」とは「グランピング」と「トランジット」をかけ合わせた造語だそう。
快適な設備のもと、優雅に自然を満喫できる贅沢なキャンプ「グランピング」と、旅の目的地に行く途中に立ち寄ることを指す「トランジット」。
訪れるゲストの都市活動の拠点となり、また快適で安らげる癒しの空間ともなる、新たなホテルの価値を提案したいとのことで、まさにそれらがかなった施設です。


やはり、ビジネス客や海外旅行客に人気とのことですが、アメニティが充実していることもあり女性客からも好評を得ているそう。


価格は、17時間3500円~。人気のプランは個室タイプのプライベートカプセル6000円~。通常のカプセルベッドスペースに加えてサイドデスクを設けた客室空間で、ゆったり過ごせます。
休憩プラン1時間980円~という、仕事や観光の合間に使えるプランも人気だそうです。


GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~
TEL/03-3526-3818
住所/東京都千代田区外神田4-4-6
アクセス/電車:JR秋葉原駅電気街口より徒歩3分

bnb+コステルンアキバ

泊まれる「コスプレエンジョイ空間」!?
奇抜なコンセプトが話題のこの施設は、ホテルなのか、何なのか?

日本発祥の文化にして、世界中で親しまれているコスプレ。店舗内では、コスプレの製作に使う道具もあり、コスプレ文化を思う存分楽しめるようになっているとのこと。
女性専用なのもうれしいポイントです。


例えば、レトロ和室内では、撮影したり、衣装製作をしたりすることができます。


ベッド全24床


ベッドスペースは白一色と黒一色があり。余計なものが映り込まないので、撮影にぴったりです。
この他にも撮影スポットが用意されているそうです。

フリーWi-Fiはもちろん、シャワー、リンス、ボディソープ常備の共有シャワーブースなども利用可(別途、タオル、シャンプー、リンス、ボディソープ、歯ブラシ、エコバックが付いたシャワーパッケージは540円)。


こちらの施設の総合監修は、世界で活躍しているコスプレイヤー・コノミアキラ氏。まさに、現役コスプレイヤーの目線で作られた、コスプレイヤーのための宿泊施設なのです。

連日コスプレやアニメに興味のあるお客さんで賑わい、外国人観光客にも人気とのこと。レトロ和室でお客さん同士仲良くなることもあるのだとか。
クールジャパンと異国の文化が混じり合う、るつぼのような空間となっています。

宿泊プランは特になく、価格は1泊3500円(シーズン、日により変動あり)。連泊するお客さんも多いそうです。


bnb+コステルンアキバ
TEL/03-5829-9932
住所/東京都千代田区岩本町3-7-11 KSビル4F
アクセス/電車:JR秋葉原駅より徒歩7分

個性派ホテルのこれからに注目!

ビジネス、観光ともにニーズの高い立地でありながら、クールジャパン文化の発信地でもある秋葉原。今後もこれらに続く個性派カプセルホテル、ホステルが続々登場するかもしれません。次は一体どんな個性派が飛び出すのか、今後も目が離せませんね。

※この記事は2017年11月時点での情報です

(更新日:2017年12月5日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME