top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

成田凌×杉咲花 主演のショートフィルムが10日で100万再生突破!切ないストーリーに「何回見ても泣ける」と絶賛

music.jp

成田凌×杉咲花 主演のショートフィルムが10日で100万再生突破!切ないストーリーに「何回見ても泣ける」と絶賛(C)music.jp “見始めたら止まらない”“まるで6分間の映画のよう”など引き込まれるストーリー展開に共感の声が続出!
ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクと結婚情報サービス『ゼクシィ』は、ショートフィルム“ティファニー・ブルー”を11月22日(水)いい夫婦の日に公開いたしました。

公開からわずか10日間で、再生回数は総計で100万回再生を超え、視聴者の方々からも“ラストまで一気に観てしまった”“何回見ても泣ける”“成田くんのプロポーズにキュンキュン”“結婚したくなった”など、男女のリアルな恋模様に共感の声が多数寄せられています。また、“たった6分なのに1本分の映画のよう”“さすが川村元気と児玉裕一”といった、作品の完成度の高さに対するコメントも多数残されています。

この作品の脚本およびクリエイティブ・ディレクターを務めたのは、『君の名は。』『世界から猫が消えたなら』で社会現象を巻き起こした映画プロデューサーで小説家の 川村元気さん、映像ディレクターには、ミュージックビデオにとどまらず、近年では2016年リオデジャネイロオリンピックの閉会式セレモニーのチーフ映像ディレクターなど活躍の場を広げている児玉裕一さん。キャストは、映画俳優としても注目を集める成田凌さんと、2016年アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した杉咲花さんが共演。映画級のスタッフが集結した贅沢なショートフィルムとしても話題を集めています。
また、成田さんが働くレストランのウェイター役として出演するラップ界の鬼才、DOTAMAさんにも密かに注目が集まっています。さらに、音楽にはLAを拠点に活躍する注目バンド、LANYの『Good Girls』が使用され、主人公の男女の揺れ動く気持ちを爽やかに盛り上げています。視聴者からも“ショートフィルムの夜明けと都会に生きる男女に合いすぎて最高”“爽やかなメロディーが気持ちよくて毎朝聴いてる”といった声が寄せられています。

世の中に共感の渦を巻き起こしているショートフィルム“ティファニー・ブルー”。わずか6分で男女の心のすれ違いから一生分の誓いまでをリアルに描き切ったラブストーリーを、ぜひご覧ください。
動画公開サイト:

http://zexy.net/xy/tf1711/press/



【プロフィール】

■成田 凌
(Sony Music Artists 所属/ 埼玉県出身/24 歳/181cm)
日本のモデル・俳優。2013 年より雑誌「MEN`s Non-No」専属モデルとして活躍中。
2014 年、フジテレビNEXT smart オリジナルドラマ『FLASHBACK』にて高梨臨とのW 主演で俳優デビュー。以降ドラマや映画に多数出演。2016 年、『逃げるは恥だが役に立つ』に石田ゆり子演じるキャリアウーマンの部下役で出演。映画『君の名は。』に声の出演。2017 年、ドラマ『人は見た目が100 パーセント』、映画「キセキーあの日のソビト」が話題になる。7 月、『コード・ブルー 3rd season』にシリーズ新キャストとして好演し、役者として評価を高めた。2018年の公開待機映画作品に、『ニワトリ★スター』『コード・ブルー』などがある。

■杉咲花
(東京都出身/20歳)
日本の女優。2013年1月より放送された、ドラマ「夜行観覧車」で注目され、以降ドラマや映画に出演。2016年、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロインの妹美子を演じた。映画「湯を沸かすほどの熱い愛」では、第40回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞を受賞するなど、各映画賞の助演女優賞を受賞した。
待機作に映画「パーフェクトワールド」(’18年公開予定)がある。

■DOTAMA
栃木県出身。力強い声、激しいステージ、練られた歌詞で、独自のラップミュージックを表現する。ULTIMATE MC BATTLEやフリースタイルダンジョンを筆頭に、MCバトルへ多数出場。辛辣ながらユーモアのあるバトルを演出し、高いインパクトを残す。音楽レーベル・術ノ穴より2枚のソロアルバムと5枚のコラボアルバムを発表。独自のユーモアな視点から成るコンセプチュアルな歌詞、 激しくも感情表現豊かなラップで極めてオリジナルなヒップホップ作品を生み出している。2017年1月には渋谷WWWでワンマンLIVE「ニューワンマン2」を開催、7月には全6都市を回る初の全国ツアー「ディスり過ぎてごめんなさい。謝罪会見ツアー」を開催し、成功させた。現在、J-WAVE「WORD FREAK」にレギュラー出演中。


■川村 元気
映画プロデューサー・小説家1979年生まれ。『告白』『モテキ』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。映画『君の名は。』は、観客動員1,900万人、興行収入250億円を超える大ヒットとなる。さらに、2017年J・J・エイブラムスのプロデュースにてハリウッドにて実写映画化が決定し、当プロジェクトに日本人プロデューサーとしての参加が発表された。


■児玉裕一
映像ディレクター。1975年生まれ。東北大学理学部化学系卒業。卒業後、広告代理店勤務を経て独立。以後フリーのディレクターとしてCM、MVなどの演出を手掛ける。2006年より「CAVIAR」に所属。2013年9月「vivision」 設立。
受賞暦、及び受賞作品
・サントリー歌のリレー「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」
・東京ADC 2011 ADCグランプリ第49回 ギャラクシー賞 CM部門大賞
・第16回AMD Award 江並直美賞(新人賞)
・”Tabio Slide Show” タビオ
カンヌ国際広告祭 Bronze/Ad Fest Silver/Tokyo Interactive Ad Awards Bronze/
第14回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門優秀賞
・”SHIRO Cheers System” 高橋酒造
Tokyo Interactive Ad Awards Bronze/第14回文化庁メディア芸術祭 エンターテイメント部門
審査員会推薦作品
・”UNIQLOCK” UNIQLO
カンヌ国際広告祭 GRAND PRIX+Gold/CLIO AWARDS Grand Clio+Gold+Silver/
One Show Interactive GRAND PRIX+Gold/D&AD Awards Black Pencil+Yellow Pencil/
New York Festival GRAND PRIX+Gold/New York ADC Awards Hybrid Cube+Bronze
The International ANDY Awards Silver/Asia Pacific Advertising Festival Gold+Silver/
Tokyo Interactive Ad Awards Grand Prix+Gold
・”The Beyond” SONY PLAYSTATION3
New York Festivals Bronze
・Space Shower Music Video Awards BEST DIRECTOR 2008・2009・2010 など


■LANY(読み方:レイニー)
メンバーは、ポール ・クライン(Vo./写真中央)、レス・プリースト(G./写真右)、ジェイク・ゴス(Dr./写真左)の3人。2014年、米・ナッシュヴィルの大学で知り合った3人でバンドを結成。現在は米・ロサンゼルスに拠点を移し、音楽活動を行っている。バンド名の由来は “視覚的文字バランスが美しいから”という理由で付けられた。また、 “From LA to NY”という意味が込められている。現在の活動拠点L.A.からいつかもっと有名になってN.Y.に活動拠点を移せるようにと言う意味も込められている。“世界で一番美しいセツナポップ”と称賛され、2018年の飛躍を大きく期待されているニュー・カマー!

TOPICS

ランキング

ジャンル