top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

アラフェス最後の挨拶を大野に!4人が用意した最高の“花道”

女性自身

アラフェス最後の挨拶を大野に!4人が用意した最高の“花道”

延期されていた新国立競技場でのライブ“アラフェス”の披露楽曲公募を開始した嵐。リーダーの大野智(39)の“休みたい”のひと言をきっかけに活動休止が決定。二宮和也(37)の結婚の波紋など、メンバー同士の不協和音が伝えられた時期もあったが、

 

「このアラフェスの開催で再び足並みがそろってきました。コロナ禍で思うような活動ができず、全力投球できなかったフラストレーションもあるのでしょう。ようやく5人のエンジンがかかって、“再団結の夏”を迎えています」(音楽関係者)

 

アラフェスの開催時期として有力視されているのが、嵐のデビュー月でもある11月だ。

 

「それに加え、11月26日は大野さんの誕生日。今年は“不惑”の40歳を迎えます。メンバーも彼の40代の幕開けを華々しく飾れるよう、いろいろと思案しているようです。4人の気持ちを感じ取って、大野さんもいつもに増して意欲的です」(イベント関係者)

 

7月29日に発売された『カイト』のジャケットを飾った絵画を手がけたのも大野だった。

 

「9月9日からは、大野さんの3度目の作品展『FREESTYLE 2020大野智作品展』が東京・六本木ヒルズ展望台で開催されます。ラストイヤーにふさわしい、大野さんの多才ぶりを生かした大型企画が次々と展開されています」(前出・イベント関係者)

 

嵐は7月24日にデジタルシングル『IN THE SUMMER』を配信。レディー・ガガやアリアナ・グランデの楽曲も手がける大物アーティストが嵐のために書き下ろした、ほとんどの歌詞が英語の楽曲だ。白い砂浜とセルリアンブルーの海が印象的なミュージックビデオも公開されている。

 

「当初、このMVは今春に海外のリゾート地で大々的に撮影する予定でしたが、このコロナ禍で断念。さまざまな代案が挙がるなか、『やっぱり日本の海もいいよね』と力説していたのは、大の海釣り好きの大野さんでした。彼の意見も反映しながら、7月初旬に国内の島で撮影されたんです」(前出・音楽関係者)

 

ロケ地を日本に定めたことには、もうひとつ意味があるという。

 

「日本の美しい海は、世界に通用するもの。そこに“日本の嵐も世界に進出できる”という前向きな意味を込めているそうです。梅雨の時期だったのでみんな雨を心配していたのですが、サンセットまで撮影できたのは幸運でした」(別の音楽関係者)

 

今回の会場となる新国立競技場は、収容人数が約6万人だが……。

 

「いくら屋外とはいえ、1回の最大観客数は半減される見込みです。“ファンに対しては平等に”が嵐のモットーですから、感染拡大により人数制限がより厳しくなるなら、無観客にして配信だけで、という選択肢も出てきます。無観客だと演出も変わってきますから、松本潤さんは連日、頭を悩ませています」(前出・音楽関係者)

 

実は大野のために、メンバーは最高の花道を用意しているという。

 

「ファンに向けた最後の挨拶の締めは大野さんに、ということですでにまとまっているそうです」

 

“感動のスピーチ”となることは必至だけに、ファン一同が集えるライブ実現を願うばかりだ――。

 

「女性自身」2020年8月18・25日合併号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル