top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

BLUE ENCOUNT「ポラリス」が描く本当の強さが生まれる理由とは?

UtaTen

BLUE ENCOUNT「ポラリス」が描く本当の強さが生まれる理由とは?

大人気アニメ「ヒロアカ」×ブルエン



画像引用元 (Amazon)
「僕のヒーローアカデミア」(以下、ヒロアカ)は、日本だけでなく世界でも愛されています。

2018年には「東京アニメアワード」のみんなが選ぶアニメの100選にもランクインし、劇場版は数多くのアニメ作品がある中、6位にランキングするほど大人気アニメです。

そんなヒロアカは落ちこぼれの主人公緑谷出久(通称 デグ)がヒーローを目指し奮闘するストーリーですあり、ヒロアカの世界観BLUE ENCOUNT(以下ブルエン)、が描く『ポラリス』の相性が抜群。

ヒロアカと『ポラリス』の2つの視点から歌詞に込められているメッセージを読み解いていきましょう。

守りたいものがあるからこそ強くなれる。





ヒーローにぴったりの「守る」という言葉。

主人公は誰かを守ることを自分の胸に約束を誓ったのでしょう。



たとえ自分のすべてを失っても、救える命があるのならば、喜んで自分の身を差し出そうとしている。

自分の命をかけることは、それなりの覚悟がないとできることではありません。



強さは今までの苦しい経験や悲しい出来事を乗り越えた先にあるものであり、生まれつき強さが備わっている人はいないということが、この歌詞からは読み取れます。

また、傷跡を隠さないところも、ひとつの強さになるのでしょう。

ヒロアカの主人公デグもブルエンも何度も傷付いたり、絶望を経験したからこそ、『ポラリス』の歌詞が多くの人に響くのかもしれませんね。

守ることが自分の使命



前半の部分では、自分に救える命があるのなら命を懸けてまで守ると約束した様子が描かれていました。



誰かの命が自分にかかっている、または自分に命をかけてくれているのだとしたら、自分の命は誰かに生かされているのでしょう。

生かされながら戦っているのであれば、それは「使命」を意味するのはないでしょうか。

守るために戦う。これが共通する主人公とブルエンの使命なのかもしれませんね。



何度も負けることよりも、自分が勝つことを諦める方が嫌だというのは、ヒーローだからこそ思うことなのでしょう。

また、負けることが怖くないのもこれまたひとつの強さですよね。

インタビュー記事によると『ポラリス』がリリースされた2019年は、ブルエンにとってバンドの活動の意味を模索していたようで、バンドの存続の危機もあったそうです。

だからこそ、このフレーズはブルエンだからこそ描ける歌詞であり、より力強いメッセージになったのでしょう。

本当の強さと真のヒーローとは?





このフレーズには、本当の強さの答えが描かれています。

強さというと権力のような力を意味することもあり、時にはその強さで悲しいことが起こることもあります。

しかし、ここで描かれているように、本来強さというのは大切なものを守るためにあるのではないでしょうか?

そして、強い力があるのがヒーローなのではなく、誰かを守る強さがある人こそが真のヒーローなのかもしれません。



どんなにつらいことや悲しいことが起きたとしても、自分の命をかけてまで誰かを守ると約束すること。

その約束は負けそうな時、くじけそうな時に自分の胸の中で希望(ひかり)に変わり、自分を奮い立たせてくれるのかもしれませんね。

そんな強さと誰かを守ろうとするヒーローの姿がヒロアカの主人公であり、ブルエン自身でもあるのではないでしょうか。

▲BLUE ENCOUNT(田邊駿一)- ポラリス / THE HOME TAKE

また『ポラリス』は、「THE HOME TAKE」という動画で、ボーカル田邊俊一が一発撮りに挑戦しています。

より力強い歌声が一層胸に響き渡り、この曲がさらに好きになること間違いなしです。ぜひこちらの動画もPVとともにチェックしてみてはいかがでしょうか?


TEXT 萌依

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル