top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

Sixtones「Hysteria」ロマンスに溢れた愛の言葉が導くのは?

UtaTen

Sixtones「Hysteria」ロマンスに溢れた愛の言葉が導くのは?

ファン待望!ジャニーズJr.時代の楽曲



ジャニーズ6人組グループのSixTONES(ストーンズ)2ndシングル『NAVIGATOR』通常盤に収録された『Hysteria』。

この楽曲はジャニーズJr.時代に披露していた人気楽曲で、ファンにとっては待望の音源化となったのではないでしょうか。

この記事では、そんな人気楽曲のタイトルと歌詞に焦点を当て、その歌詞の意味を考察していきます。



タイトルの『Hysteria』には、ヒステリーや異常な興奮といった意味があります。

日本語でヒステリーと言うとマイナスイメージがありますが、良し悪しに関わらず強い興奮状態を表す言葉となっています。

SixTONESのライブに足を運び、熱狂したり、彼らにひどく心酔する様子も一種の「Hysteria」と言えるでしょう。

このタイトルがどんな意味を持って名付けられたのか。

歌詞の内容を確認しながら考察していきましょう。

ロマンスのような愛を描く





この楽曲には英詞が多く含まれるので、適宜英訳をしながら考察を進めたいと思います。

「君をずっと探してる 君のことを知りたい」

「君のものになりたい 君の愛を必要としているんだ」

「君を今すぐに連れ出したい」

冒頭の歌詞を簡単に意訳するとこのようになります。

ロマンスのような、激しく愛を求める描写であることがわかりますね。

続く歌詞も「一人きりじゃ憂鬱になってしまう でも大丈夫 いつでも君の名前を呼んでいる」とメロドラマのような甘い言葉が綴られています。




いかに「君」が大事な存在で、どれほど愛しているかが引き続き綴られます。

「君を見つけた のんびりいこう 深まっていく闇夜」

「いくら君を忘れようとしても 君を一人にはできない」

「君」を求めるあまり、愛自体に深く思いを馳せているようにも思えますね。

「butterflies」は蝶のことですが、緊張して胸がドキドキする様子を表す慣用表現でもあります。

目と目とがあって、胸がざわついてしまう様子を描いているのですね。

一貫して「君」に夢中な様子が描かれたこの楽曲は、病的とも言えるほどに愛を求める男の物語と言えるでしょう。

タイトルに込められた本当の意味は?





「肌に触れた真っ赤な唇」

「満たされることのない その甘い香り」

「いつも君を想ってる」

具体的に君の特徴を思い浮かべ、止まらない想いが溢れ続けます。

一見すると意味がわかりづらい「Give me」から始まる一文。

「green light」には青信号の意味が転じて「許可をする」「承認する」などの意味があります。

つまり「お願いだ」と嘆願しているのです。

何を願っているかは、ここまでの歌詞を振り返れば明白でしょう。

「君」を愛すること、そして「君」に愛してもらうことです。

わかりやすく言えば「付き合ってくれ」といったような意味でしょうか。

そして「離さないで 君は僕を狂わせるから Hysteria」とタイトルを含んだ一文が、ここまでの歌詞の内容を総括するように登場します。

つまりタイトルの『Hysteria』とは、熱狂するほどに愛する気持ちを表した言葉だと言えるでしょう。




最後にこちらのフレーズにも触れたいと思います。

この一文を訳すと「僕のものになる?僕のSixTONESになってくれ」という意味になります。

ここまでの歌詞の文脈から考えると、これは愛する「君」へのシンプルな求愛の言葉でしょう。

しかし、彼らのアーティスト名が含まれていることから、この言葉はSixTONESからファンに向けての求愛と捉えることもできます。

歌詞中での「君」はファンのことで、歌詞全体が彼らにはファンが必要であることを意味したメッセージソングとなっているのではないでしょうか。

また、この歌詞中にはメンバーカラーを表す6つの色が含まれています。

このことからも、この『Hysteria』がSixTONESからファンに向けてのメッセージソングであるという説を強めています。

狂おしいほどの愛を描いたこの歌詞の解釈は、ファン一人一人によって様々でしょう。

是非あなたも『Hysteria』に込められた意味を考えてみてくださいね。


TEXT 富本A吉

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル