top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

カウンター席にスポーツバー…集団感染招く危ない飲食店の特徴

女性自身

カウンター席にスポーツバー…集団感染招く危ない飲食店の特徴

「感染拡大防止のため、早期にクラスター発生を把握し、封じ込めていくことが重要だ」

 

連日のように、東京都で過去最多の感染者数が更新されていくなか、菅義偉官房長官は7月29日の記者会見で新型コロナウイルスによるクラスター(感染者集団)が550件に上ることを明らかにした。

 

「これまでクラスターといえば、病院や高齢者介護施設、また、いわゆる“夜の街”にある接客を伴うキャバクラやホストクラブなどが主な発生源とされてきました。ところが、最近は感染者の急増で“通常の飲食店”でも集団感染が発生しています」(全国紙記者)

広告の後にも続きます

 

クラスター発生が報告された飲食店には、確かに和食料理店、居酒屋、鉄板焼き店、喫茶店など、家族や友人らとの憩いの場にも使われる店が多い。

 

こうした発生事例をもとに、飲食店の感染リスクを緊急検証――。感染症が専門の「のぞみクリニック」筋野恵介院長は、

 

「大前提として飲食時に客がマスクを外すことは避けられないので、店側が従業員全員にマスク着用を徹底することがまずは重要です」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル