楽天・渡辺直人 感謝の気持ちを胸に杜の都でもう一度花を咲かせる!
楽天・渡辺直人 感謝の気持ちを胸に杜の都でもう一度花を咲かせる!
楽天の入団会見を行った渡辺(右) ファンに、チームメートに愛された男が、杜の都に戻ってくる。「ただい

楽天の入団会見を行った渡辺(右)

 ファンに、チームメートに愛された男が、杜の都に戻ってくる。

「ただいまです!」と11月30日、仙台市内の球団事務所で行われた会見で笑顔を見せた渡辺直人。衝撃の金銭トレードにより横浜(現DeNA)へと移籍し、その後、西武で4年半を過ごすと、8シーズンぶりにクリムゾンレッドのユニフォームに袖を通すことになった。

「いろいろな経験をさせてもらった。野球も人間も成長させてもらった7年かなと思う」

 会見では終始笑顔を見せながらも、目を赤くする場面も見られた。

 渡辺は2007年、大学生・社会人ドラフト5巡目で楽天に入団。堅実な守備とチームバッティング、常に次塁を狙う全力プレーでレギュラーとファンの心をつかんだ。その人柄でチームメートからの信頼も厚く、トレード直前には選手会副会長に決まっていた。だが、メジャー・リーグから松井稼頭央と岩村明憲の獲得に乗り出した楽天は、金銭トレードで渡辺を放出。その翌日に契約更改を行った嶋基宏、鉄平、草野大輔は会見場で悲しみの涙を流した。

 自身にとっても衝撃的だった移籍。だが、他球団のユニフォームを着てもKoboパーク宮城で渡辺が打席に立つと、楽天の応援席からも大きな声援が送られ何度も背中を押された。

「本当にありがたかった。野球を続ける大きな力になった」

 7年の間に楽天はリーグ優勝、日本一を成し遂げる。一方、渡辺は移籍1年目には126試合に出場も、13年途中に西武へとトレード移籍し、17年オフには戦力外通告を受けた。37歳。「もうこのへんが潮時なのかな、と思う自分もいた」と振り返る。

 そんな中での楽天からの連絡に「本当に心の底からうれしかった。感慨深いというか、感動する」。不安は消えた。「自分ができることを精いっぱいやる。今まで積み上げてきた経験、能力をすべて出し切るという気持ち」。もう一度、東北のファンの前でプレーできる喜びをかみしめた。

「今、僕が野球をできているのはイーグルスのおかげ」

 プロ野球人生をスタートさせた球団で、感謝の気持ちを胸に、もう一度花を咲かせる。

文=阿部ちはる 写真=BBM
(更新日:2017年12月6日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME