top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

山崎賢人、飲みの席で出演快諾「男として大切なことを教えていただいた」<狂武蔵>

モデルプレス

【モデルプレス=2020/08/05】俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が5日、都内で行われた映画「狂武蔵」(8月21日公開)の完成披露無観客イベントに、主演の坂口拓、メガホンをとった下村勇二監督とともに出席した。

山崎賢人 (C)モデルプレス
本作は、アクション映画『RE:BORN』で主演し、常に日本のアクションシーンを牽引し続ける坂口が、9年前に撮影し、日の目を見ぬまま眠っていた幻の“侍映画”。『GANTZ』『キングダム』シリーズのアクション監督を務めた下村氏がメガホンを取り、77分ワンシーン・ワンカットで撮影、坂口がたった独りで400人の相手を斬り捨てるという前代未聞かつ実験的とも言えるアクションに挑戦。そして2年前にクラウドファンディングで資金を募り、77分の前後にドラマパートを追撮し、そこに山崎も参加した。

◆山崎賢人、坂口拓・下村勇二監督への尊敬を語る

親友を武蔵(坂口)に討たれ、その仇討ちに燃える武士・忠助を演じる山崎は「(映画)『キングダム』で出会った拓さんと下村さんから、『狂武蔵』という作品があり、それを復活させたいというお話をいただいたときに、拓さんと下村さんのことが大好きで、『キングダム』の現場でも侍として、男として大切なことを教えていただいた拓さん、そして下村さんのために『狂武蔵』を復活させたいなと思いました」と出演の経緯を語り、「そして今日、こういう日を迎えられて嬉しく思います」とニッコリ。

坂口拓、山崎賢人、下村勇二監督 (C)モデルプレス
さらに、山崎は「拓さんと『キングダム』の中で1分間の形を決めない立ち回りをやらせてもらったときに、拓さんが『本当に斬りにきていいよ』と言ってくださって、そこで戦うということを感じて、その拓さんがあるのは『狂武蔵』があったからだなと思いましたし、77分を木刀で戦うということがどれほどすごいことか、自分がアクションで感じた分、とてつもないことをしているなってわかりました」と坂口に羨望の眼差しを向け、「そんな中で今回、復活させたいというお話を聞いたときに、すぐ、自分で力になれれば絶対にやりたいなって思いました」と回顧した。

坂口拓、山崎賢人 (C)モデルプレス
これに下村監督は「賢人君が出演を快く承諾してくれたという経緯も、飲みの席というのもありましたよね。その前から『狂武蔵』の話をしていたんだけど、僕たちの熱い思いをぶつけたときに、その場で『やりたい!』って言ってくれて、すぐにマネージャーに電話してくれて…」とエピソードを明かし、坂口も「(山崎の出演は)あり得ないことだよね。(『キングダム』では)1分間だったけど、2人でルールなしでやったときの、賢人の真っ直ぐな剣を見ていて、やっぱり嬉しかったですね」と声を弾ませた。

坂口拓、山崎賢人、下村勇二監督 (C)モデルプレス
加えて、次回作の構想を聞かれた下村監督は「坂口とはずっと侍映画をやりたいなと言っていて、この『狂武蔵』って、次回作る侍映画の序章でもあり、実は賢人君にも出てもらっています」と告白し、坂口は「日本人で生まれたので、文化と伝統の侍というものをどうしても残したいので、僕はもっともっと強くなって、皆さんの前に出ていきます。最強になって帰ってきます」と言葉に力を込めた。

坂口拓 (C)モデルプレス
なお、77分ワンシーン・ワンカットの撮影で苦労した点を聞かれた坂口は「開始5分で指を折り、体力もゼロになっていたのが今でも懐かしいですね」と振り返り、「それでもやらなければいけないので、ずっとやっていましたが、『狂武蔵』という映画を見終わったときに、自分のことよりも、周りがすごいなというか、自分のわがままに付き合ってくれたことへの感謝しかないなと。この作品は自分にとっては感謝の作品だなと思っていますね」と感慨深げに語った。

山崎賢人 (C)モデルプレス
イベントでは、坂口による剣術指南と、山崎の剣術実演が行われ、さらに坂口と親交が深い格闘家の朝倉海選手が生中継で登場し、作品の感想を応援コメントで激励する一幕もあった。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル