top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

安倍首相と朝日新聞が「退位」めぐって子供のケンカ

SmartFLASH

 

「朝日が報じた内容とは逆にしたい」
 官邸担当記者によれば、安倍晋三首相(63)はこう漏らしたという。発言のきっかけは、朝日新聞10月20日付朝刊の1面トップ記事の見出しだった。

 

<天皇陛下退位19年3月末 即位・新元号4月1日 政府最終調整>

 

広告の後にも続きます

 1カ月後、スクープは潰える。11月21日、NHKが夜7時のニュースで<退位 再来年4月30日か3月31日の2案に>と報じた。さらに翌22日、首相に近い論調の読売新聞、産経新聞は1面トップで、「4月末退位、5月改元」という記事を掲載した。朝日は1面とはいえ、左隅という地味な扱いだった。

 

 だがじつは、朝日の報じた「3月末退位、4月改元」で調整が進んでいた。

 

「もともと官邸は、『12月末退位、1月改元』を宮内庁に示していた。ところが、年末年始は宮中行事が多いうえ、2019年1月7日には昭和天皇逝去30年の式年祭がある。美智子さまは『式年祭には、陛下が在位のままでお出になるべき』と、侍従らにご意向を示されていたのです」(政治部記者)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル