top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

【インタビュー】映画『ぐらんぶる』竜星涼「日本のエンタメ界の火付け役になれば」 犬飼貴丈「初体験は『不安』から『自信』に」

もっとエンタメ

 キラキラな青春を夢見て離島の大学に入学した北原伊織(竜星涼)と今村耕平(犬飼貴丈)。ところが、2人が入部したのは、なぜかマッチョな男たちが日夜ばか騒ぎを繰り広げるダイビングサークル「ピーカブー」だった…。癖が強めな女子メンバーも加わり、伊織と耕平の荒れ狂うキャンパスライフが始まる。ダイビングサークルを舞台にしながらダイビングシーンがほとんどなく、登場人物たちのあまりの脱ぎっぷりのよさに、実写化不可能と言われてきた異色漫画を映画化した青春コメディー『ぐらんぶる』(8月7日公開)。本作にダブル主演し、ほぼ全裸という衝撃のスタイルで撮影に臨んだ竜星涼と犬飼貴丈に撮影時を振り返ってもらった。

-「史上、最も服を着ていない主人公」というキャッチコピーの伊織役ですが、オファーを受けたときの率直な感想は?

竜星 最初は役についてあまり知らなかったので、『海猿』(伊藤英明主演のドラマ・映画シリーズ)のような“バディもの”を、ワーナー(配給会社)さんで格好良く撮ると捉えていました。でも、台本を頂き、原作のアニメ版を見たときに、「なるほど、こういう感じか…」とファンの方たちが求める世界観を知りました。

-思惑が外れたようですが、その後のモチベーションはどのように変わりましたか。

竜星 こういうテイストの作品はあまり経験がなかったし、僕を起用し、邦画では珍しい、ぶっ飛んだ作品に懸けるワーナーさんの気概に心を動かされ、やってみようという気持ちになりました。それに男は、こういうテイストの作品は好きですから。体を張らせていただきました。

-「無駄にイケメンなアニメオタク」という耕平も、その脱ぎっぷりのよさは伊織と変わりませんが、オファーを受けたときはいかがでしたか。

犬飼 僕はもともと原作のファンで、絶対に実写化は無理だと思っていたから、「できるの?」と最初は疑問でした。その後、企画書を渡されたので、「本当にするんだ!」と驚きました。

-竜星さんとは違い、ある程度の覚悟はあったわけですね。

犬飼 いいえ、最初はぬるい感じで、全裸ではなく半裸にするのかな…と。でも、それだ…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル