top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

梅沢富美男、夏井いつき先生のお題にブチギレ「もっと違うお題があったでしょ!」『プレバト!!』

テレビドガッチ


浜田雅功(ダウンタウン)のMCで、芸能人の隠れた才能を専門家が査定し、ランキング形式で発表するカルチャースクールバラエティ『プレバト!!』(毎週木曜19:00~)。8月6日は、名人・特待生のみが参戦する夏の俳句タイトル戦「炎帝戦」の決勝が繰り広げられる。

今回の炎帝戦は、予選・決勝を合わせ、過去最多の21名が参戦。見事予選突破を果たしたのは初段の千原ジュニア(Aブロック1位通過)、10段のフルーツポンチ・村上健志(Bブロック1位通過)、2段のKis-My-Ft2・千賀健永(Cブロック1位通過)、1級の三遊亭円楽(Dブロック1位通過)と、敗者復活枠として全ブロックの2位から一番優秀な句を詠んだ3段の立川志らくの5名。そして、前回大会でシード権を得ている10段の東国原英夫、同じく10段の藤本敏史(FUJIWARA)、4段の中田喜子、2級の岩永徹也の4名と永世名人・梅沢富美男を含めた総勢10名が決勝戦で激突する。

タイトル戦最多優勝経験を誇り、春のタイトル戦「春光戦」でも優勝した東国原は、「夏だけは(タイトルを)獲ってないんですよ。だから今回はどうしても夏ほしいな~と思っています」と意気込みを見せる。「春光戦」で準優勝となり、調子を上げてきた藤本は「上り調子ですね~! 優勝を狙うというか……シード権を狙っていきたいと思います~」と控えめに語るが、果たして上位に食い込むことはできるか。

予選から敗者復活枠として勝ち上がった志らくは、「私は2位の中で勝ち上がったので、言ってみればこの中では10位なんですよね。だから一つでも上に上がれれば御の字だけども、タイトル戦の決勝は久々なので何としてもシード権を狙いたい!」と威勢良く語る。

夏井いつき先生から出題されたお題は、誰しもが身近に感じられる「ポイントカード」。しかし、梅沢は「私はポイントカードを持っていないんです。ですからイメージもわかなかった……。もっと違うお題があったでしょ!」とブチギレ。ポイントカードになじみがなかった梅沢、永世名人としての腕が試されるがいったいどんな句を詠んだのか? わずかな取りこぼしが勝敗を左右するタイトル戦。夏の芸能界俳句王に輝くのは?

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル