CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー
CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー
リアルタイムに投稿されるアイドルの自撮り写真から、お気に入りを発見して応援できるアプリCHEERZ。2月初旬、エンタメウィークへのインタビュー出演をめぐり、CHEERZで第3回目のランキングが行われました。

今回は関口なほさん(神宿)にお話を伺いました!

原宿発のアイドルグループ、神宿

本日は、よろしくお願い致します。まずは、関口さんの所属する神宿(かみやど)について教えて下さい。

関口  はい。神宿は原宿発のアイドルで、5人グループです。原宿でスカウトされたメンバーで結成されました。それぞれ全く知らない子たちが集められています。平均年齢はそろそろ17歳になります。メンバーは中学生、高校生、専門学校生で、みんな学生をしながらアイドル活動を頑張っています。神宿のコンセプトは、神宮前と原宿の「神」と「宿」をとって、「神宿」というグループ名です。

社とか、神道からとった名前ではないんですね。ファンの方を舁夫(かきふ)と呼んでいるので、てっきり神道がモチーフになっていると思っていました。

関口  結成半年のワンマンライブでファンの呼び名を発表したんです。最初は、漢字も難しいし、舁夫って言葉を知っている人もいなくて、批判ではないんですが戸惑いの声が大きかったです。自分たちも、最初は「え? え?」っていう感じで。いまはいい名前だと思っています。

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

どなたが考えられたんでしょうか?

関口  これは、神様から来た名前です!

設定としては神宿は神様に選ばれたメンバーということなんでしょうか?

関口  そういう設定になっています。メンバーの担当する色も、神様がくれた色ということになっています。

――ほかに神様がくれたものは?

関口  ないです!

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

神宿の楽曲は元気な感じで、それこそファンの舁夫さんたちと一緒に、お祭りのように盛り上がれそうだと思いました。グループの雰囲気はどうですか?

関口  楽屋とかでも、とにかくうるさいです。メンバーの自己主張が強くて、みんなそれぞれ自分の話ばかりしているんですよ。だから、話が噛み合ってなかったりすることがよくあります。でも、自分で言うのもなんですが、みんな仲良しです。

デビューのときに、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)に出るということと、Shibuya O-EASTでワンマンライブをすることを宣言したんです。今年O-EASTでのワンマンは達成できたんですが、去年TIFに出られなかったときに、みんなで大泣きしました。「やっぱ、自分たちの想いが甘かったね」って話をして。それからみんなの意識も変わったし、「今年こそは絶対TIFに出ようね!」って言ってます。

前までは、ライブをこなしているという感じだったんです。TIFに出られないという自分たちの甘さを知ったときにみんなの意識が変わって、ひとつひとつのライブを大事にしようと思うようになりました。自然とライブの反省会をするようになって、そういう話をするようになりました。

メンバーのみなさんとは仲良しとのことですが、ほかに仲の良いアイドルはいますか?

関口  仲良しのアイドルというか……推しているアイドルはいますね。いいなって思って、Twitterを見つけてフォローしたりすることがよくあります。

もともとアイドルになりたかったわけではないんですが。この活動をする前は普通にオタクとして現場に行っていた人間で。アイドルになりたい、というよりは憧れていて、「アイドルを見ていて幸せ」という感じでした。スカウトされたときに、自分がアイドルになったら共演できたりするんじゃないかなって思いました。

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

メンバーに会ってはじめて、アイドルになろうと決めた

関口さんのことについて教えて下さい。

関口  じゃあ、ライブでの自己紹介を。
「Lucky Happy なっぴぃー♪
負けず嫌いでおとぼけの17歳、関口なほです。
なっぴぃーって呼んで下さい。
せーの!
【なっぴーぃー!(合いの手)】」
ありがとうございます。

--

関口  メンバーに対して負けず嫌いというよりは、自分に対して負けず嫌いなんです。できない曲があったらできるようになりたい、自分に負けたくないという感じです。

ダンスが本当にできなくて。もう、すっごいできないんですよ。ひとりのダンスが下手だと、ほかの4人がよかったとしても、パフォーマンスの見栄えが悪くなるんです。だから、みんなの足をひっぱらないように、頑張ろうと思っています。

先ほど、もともとアイドルが好きだったというお話をしていただきました。具体的には、どんなアイドルが好きですか?

関口  Pimm‘s(ピムス)さんとか、GALDOLL(ギャルドル)さんです。どちらもモデルさんがいるグループです。憧れているモデルさんが、たまたまアイドルをやっていて、それでアイドルが好きになりました。もともとは、モデルさんが好きだったんです。雑誌とかもいっぱい買っていて、だからアイドルにならないか聞かれたときは、最初に「モデルになりたいです」とお伝えしました。

でも「アイドルになってほしい」と言われて、悩んで……「やっぱりモデルになりたいから、アイドルは辞めます」って一度は断ったんです。でも「アイドルになって頑張って、それからモデルになるという道もあるよ」って教えられて、悩んだままメンバーにはじめて会うことになりました。そしたら、友達みたいに楽しくなっちゃって。アイドルでもいいんじゃないかな? って思うようになって、アイドルを続けています。

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

先ほど負けず嫌いとおっしゃっていましたが、おとぼけというのは?

関口  自己紹介を考えるときに、お母さんと相談したんですけど、アイドルって握手会でファンの人と話す機会があるんです。でも、話すときに主語がなかったり、日本人なのに日本語があまり得意じゃなくて、会話にならないことがあるんです。だからお母さんに「おとぼけって入れておいたほうがいいよ」と言われて、「負けず嫌いでおとぼけ」になりました。

お母さんやメンバーとも会話が成り立たなくて、主語を入れる練習をしなさいって言われます。

Showroomの配信で、いっぱい話す時間があるんです。でも、主語が足りないからみんなに伝わらないことが多くて、悩んでます。

「なっぴぃーがいないと神宿って感じがしないな」

関口さんのアピールポイントは?

関口  ありがちなんですが、元気なところです。特典会で5人いるんですが、私が前の人と話している声が、後ろで並んでいる人にも聞こえているみたいで、「やっぱ声が大きいんだなあ」って思って。

私がいない特典会があったんですが、ファンの人に「なっぴぃーがいないと神宿って感じがしないな」って言われて。でも嬉しかったです。

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

神宿として活動していて、悩んだことはありますか?

関口  ダンスとか歌は悩みますけど、最近は自分がアイドルっぽくないと思うようになりました。アイドルさんって、オタクさんを釣るんです。そういうのが自分は全くなくて、普通の友達みたいに話しちゃうんです。でも、もっとアイドルっぽく可愛い感じだったら、とか考えます。

アイドルっぽくなりたいって思う反面、自分らしさを無くしたくないと思うことも合って、どうしたらいいんだろうって思います。

関口さんが担当している色は緑ですが、好きな色はなんですか?

関口  正直、好きか嫌いかって言われると、嫌いでした。

いまピンクを担当している小山ひながもともとオレンジで、黄色でリーダーの羽島みきがピンクだったんです。ひなもオレンジが嫌いで「ヤダ!」って言ってピンクになったんです。私も「あー……緑かあ」って言ってたんですけど、その声は拾ってもらえなくて……

さり気なさすぎた!

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

関口  ひなのオレンジの声の方が大きかったらしくて。「私、緑ですか?」って聞いたら「緑が似合うのはなほしかいないから」って言われて。「いや、そんなことないでしょ!?」って思いながらも、緑になりました。

でも大好きなアイドル、PASSPO☆(ぱすぽ)の増井みおさんのカラーがミントグリーンになったので、今年から好きになりました。

1月にPASSPO☆の増井さんと安斉さんのカラーチェンジがあってからなんですね。PASSPO☆はずっとお好きだったんですか?

関口  アイドルを始めてから好きになりました。パフォーマンスも本当にすごくて、トークも……ワンマンライブでも一瞬も飽きさせないんです。すごい魅力があるなあって。それから、目標にしています。

私、身長大きかったり、絵のセンスがなかったりするんですけど、増井みおさんは、小さくてすごくかわいかったり、絵のセンスもあって、それこそ衣装のデザインもできるんです。自分に持ってないものを持ってるから、憧れています。

新衣装のデザインは……

PASSPO☆の増井さんと神宿はちょっと関係があるということを聞いたんですが……

関口  PASSPO☆さんの企画で「お助けPASSPO」というのをやっていて、一般の人から依頼を募集しているんです。それで、一般人のオタクとして応募したら選んでいただいて、新衣装のデザインをお願いすることになりました。

まだ出来上がっていないんですが、衣装のデザインは完成していて、見せていただきました。いやあ、本当にかわいくて。神宿はいつもみんな同じ形で、メンバーそれぞれの色の衣装だったんです。今回は自分の意見を取り入れてくださって、好きな形の衣装なんです。もう、夢みたいですよね!

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

目がキラキラしてますね。目標とするアイドルはPASSPO☆さん、とのことですが、アイドルとして具体的に目指していることは?

関口  O-EASTを超える、大きいところでワンマンをやってみたいと思っています。ライブをやっているときが一番、素になっているというか、何も考えずにいられる時間で楽しいです。テスト前とかでライブ会場に向かっているときは、「あー明日テストだなあ」って、テストのことが頭から離れないんです。でも、ライブをやっているとすっかり忘れていて、帰ってから「そういえば、明日テストなんだ!」って思い出します。

テストは大丈夫でしたか?

関口  大丈夫じゃないです。学校も大変ですね。とくに月曜日が。土日にライブをして、土日の楽しさが大きすぎて月曜日が憂鬱です。

学校での様子は?

クラスメイトは関口さんがアイドルとして活動していることを知ってるんですか?

関口  言ってなかったんですけど、知られちゃってます。見られるのが恥ずかしくて、ライブには絶対来ないでねって言ってます。「明日無料でしょ? 行くよ」って言われても、「お願いだから絶対来ないでー」って。

学校では変顔とか走り回ったりとか、変なことばっかりやってるんです。だから、学校のみんなにとって、私がアイドルとしてちゃんと、ニコニコ踊ってる姿は想像つかないと思うんです。

学校の子にとっては、アイドルってぶりぶりしてるとか、かわいこぶってるとか、そういうイメージがあると思うんですけど、自分は正反対だと思います。自分はぼりぼりというか……なんだろう? 本当におちゃらけてる感じです。

はじめはモデルになりたかったそうですが、オーディションを受けたりしていたんですか?

関口  全然なかったです。雑誌の裏に応募用紙がついていて、「応募しようかな?」って思ったことはあったんです。でも、そう思う自分が太っていて、モデルさんのスタイルとは全然違ったので、もっと近づいてから応募しようと思っていました。

そして、アイドルのスカウトを受けた、と。それまでにスカウトされたことは?

関口  何度かあったんですけど、ちゃんとした事務所のスカウトははじめてでした。

アイドル以外の活動では、どんなことをされてますか?

関口  マックスむらいさんの映画「MAX THE MOVIE」に出演しました。はじめて演技をして、すごく難しかったです。でも、嬉しかったです。貴重な体験をさせていただきました。

今後も演技をしてみたいですか?

関口  うーーーーーん……まずは脇役から!

神宿のメンバーと挑戦したいことはありますか?

関口  個人的なんですけど、バンジー・ジャンプがやりたいです。カメラとかつけてみんなとバンジー・ジャンプやりたいなって。生誕祭が12月にあったんですけど、バンジー・ジャンプやりたいって言ったんですけど、通らなくて……今年はやりたいです。

ありがとうございました。何かお知らせはありますか?

関口  神宿初の東名阪ツアーが4月にあります。4月16日に大阪LIVE SQUARE 2nd LINE、23日に名古屋LIVE HALL M.I.D、29日に渋谷クラブクアトロです。遠征に行く度に「来てくれてありがとう」って言われていたので、本当に嬉しいです。4月、がんばります!

CHEERZネクストブレイクアイドル関口なほさんインタビュー

(執筆:大熊マナミ 撮影:三浦一紀)

(更新日:2016年4月18日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME